ナンタケット島で作られる伝統のバスケットとは?

緻密な手仕事が施された伝統工芸品であるバスケット

緻密な手仕事が施された伝統工芸品であるバスケット

アメリカ東海岸。ボストンの南ケープコッドから、30マイルの沖に浮かぶ小さな島、ナンタケット島。セレブの避暑地として世界には名高いが、 日本ではまだあまり知られていない。 セレブといってもビバリーヒルズのように豪華なお屋敷が立ち並んでいるわけではなく、 風光明媚な島の自然は手つかずのまま、素朴で静かな暮らしが 営まれているのだそうだ。 秋にはクランベリーの収穫で、畑は真っ赤に彩られる。 絵画のように牧歌的な風景がいつもそばにある島。

ここで伝統工芸として作られているバスケットがある。 エリザベス女王に献上されたこともあり、ホワイトハウスのクリスマスツリーに 飾られたこともある、由緒正しき芸術品。 もともと鯨漁で栄えた島であり、鯨から採れる油を入れる樽を作る技術が、 そのままバスケット作りに引き継がれた。 頑なな職人によって緻密な手作業で作られ、その製法はあまり外部に 洩れることなく、限られた者だけによって伝えられ、代々守られている。
   

完全オーダーで作られるナンタケットバスケットの魅力

バスケット バスケット
入れ子式が楽しい手作りバスケット
実際アンティークのナンタケット・バスケットの中には、 オークションに出品されて何十万ドルというレベルのものまであるのだそうだ。 昔から基本は完全オーダー製。個々のスタイルに合ったバスケットを作ってもらうため、 二つとして同じものはない。5cm程度の小さなものから、大きいものだと赤ちゃんのゆりかごまである。 ゆりかごは象牙のプレートに親子代々の名前を彫って、末永く使われるのだとか。

ナンタケット島へ行くと、昔ながらの古いバスケットを、 日常的に使い込んでいるご老人を見かけることもしばしば。 彼らは無造作に野菜を保存したり、気軽な買い物に利用したりしている。 飴色になったバスケットは、壊れてもまた丁寧に繕い、一生使うものとして大事にされる。
 
現地で探したという、バスケットに関する写真集や専門書

現地で探したという、バスケットに関する写真集や専門書

 

ナンタケット・バスケット教室は日本にも!

2004年の秋から、そのナンタケット・バスケットの教室を始めたという、井上夕香さんを訪ねた。 彼女は夫の留学に伴って、ボストン在住時にこのバスケットに出会った。 ナンタケット島にも何度も訪れ、バスケットの魅力にますますはまってしまったのだそう。 日本人として初めてナンタケット・バスケットの技術を習得したという、八代江津子氏に師事し、 インストラクターの資格を取得した。 八代先生はNew England Nantucket Basket Associationという、ボストンに本部を置くナンタケット・バスケット制作指導を行う教育機関の運営者である。大変ガッツある女性で、なかなか口を割らない頑固な職人の元に通いつめ、 ついにその技法を学ぶことが出来たのだという。 しかし、まだ全てを明かされたわけではなく、 習うというより、職人の手業を見て盗む、というくらいの昔気質が未だ続いているようだ。
 
モールド 様々な材料
左:モールドで形を固定して、藤を編みこんでいく
右:取っ手や底板はチェリー、オークなど全て天然素材

 
ナンタケット・バスケットは全て自然の素材で作られる。 底板の側面には溝があり、まずそこに藤の縦軸を、放射線状にきれいにはさむ。そしてモールドに固定し、横に藤を通して編み上げていく。 縦軸は木を使うこともあり、折れないようにゆっくり慎重に曲げながら、 ゆるやかなカーヴを形作る。縦横の網目を揃えて少しずつ編み、気の遠くなるような手作業が続く。ドリルで穴を開けたり、カンナを削ったりと、結構な力作業もある。 始めはなかなかできなかった井上さんも、今ではこの技術のおかげで体力が付き、家のベッドまで自分で直せるようになってしまったとか。
 
制作 八代江津子

制作 八代江津子

最後にニスを塗って取っ手を付け、象牙のアクセサリーをポイントにする。 この象牙はフォッシルアイボリーといって、何千年も昔の化石化したものであるため、 ワシントン条約からは外れる。もともと漁師から生まれた技術であるせいか、 鯨や貝殻など、海に関するモチーフが多い。 このアクセサリーを彫る専門の職人も島に存在する。
 
部屋にちょこんと置くだけで、絵になる風景:制作 八代江津子

部屋にちょこんと置くだけで、絵になる風景:制作 八代江津子

バスケットは、お出かけに持つバックとして使うことはもちろん、 何気なく部屋に飾っておくだけで、空間全体の雰囲気を作り上げる。 井上さんの家では小物入れとして活用していたり、平たく編んで、 お盆のようにも使う。しっかり編まれているから多少乱暴に扱っても大丈夫だし、 古くなるほど飴色のツヤが出て、いっそう味わい深いものになる。 井上さんの教室では初心者でもバスケットを作れるよう、簡単なものから指導している。とはいってもやはり時間のかかる作業で、すぐにできあがりというわけには行かない。訪れる生徒さんは、ひとつひとつの工程をゆっくりと噛み締めながら、手間暇を楽しんでいるよう。小さな島の職人たちの心意気を少しでも感じながら。

【関連情報】
・井上夕香さんの所属する
New England Nantucket Basket Association
https://www.newenglandnantucketbasketassociation.com/

・お問い合わせ
メール : jpn-office@nantucketbasketonline.com
(ボストン・中央区・荻窪・浜田山・世田谷・栃木・大阪に教室有り。
詳細はお問い合わせを)

【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。