炊飯器で作る!おせちの残りで栗とさつま芋ケーキ

所要時間:60分

カテゴリー:ケーキパウンドケーキ

 

正月に余った材料で作る和風パウンドケーキ

おせち作りや年末年始の料理で余った材料で、さっくり香ばしい和風のパウンドケーキを作ります。使うのは、きんとん作りで余った「さつま芋」、おせちの残りの「栗の渋皮煮(栗の甘露煮でも)」、きな粉餅で食べた「きな粉」、クリスマスケーキ作りで余った「ココナッツパウダー」。生地を炊飯器に入れてスイッチを押すだけで簡単に完成します。

▼関連レシピ
おせちの残りで作る大福もち 豆大福
余った餅アレンジレシピ れんこん餅
切り餅で作る、もちもちでほんのり甘い「バター餅」
切り餅で作る、もちもちポンデケージョ
切り餅で作る、ゴパンならぬ、モパン
余ったおせち材料で、かぶの和風ピクルス

おせちの残りで和風ケーキの材料(5合炊き炊飯器用

生地
バター 100g (室温に戻す)
3コ (室温に戻す)
砂糖 90g
薄力粉 50g
きなこ 50g
ココナッツパウダー 20g
ベーキングパウダー 小さじ4/5
牛乳 大さじ1
フィリング・その他
さつまいも 1/2本 (90g)
栗の渋皮煮 又は栗甘露煮 2~3個 (75g)
バター 内釜用 少々
グラニュー糖 小さじ2
桜の塩漬け 適宜 (省略可)
バターは自家製有塩バター(薄い塩味)を使用しました。無塩バターを使って塩を少々加えるのがおすすめです。ココナッツパウダーはアーモンドパウダーに替えられます。

おせちの残りで和風ケーキの作り方・手順

炊飯器で栗とさつま芋のケーキを作る

1:粉類をふるう

粉類をふるう
薄力粉、きな粉、ココナッツパウダー、ベーキングパウダーをあわせ、ザルに入れて2回ふるう。
ザルに残ったココナッツパウダーはそのままボウルに入れて混ぜる

2:さつま芋と栗を1cm角に切る

さつま芋と栗を1cm角に切る
さつま芋は1cm角に切り、サッと洗って水気を切る。栗も1cm角に切る。炊飯器の内釜に薄くバターを塗っておく。

3:バターを練ってクリーム状にする

バターを練ってクリーム状にする
室温に戻したバターを、クリーム状になるまでゴムベラで練る。砂糖を入れ、泡立て器に持ち替えて、白っぽくふわふわになるまで混ぜる。卵を1個ずつ加え、その都度しっかりと混ぜる。

4:牛乳と(1)を混ぜる

牛乳と(1)を混ぜる
牛乳を加えたあと、(1)の粉を2~3回に分けて加え、その都度切るようにサックリ混ぜる。

5:栗の半量を入れて混ぜる

栗の半量を入れて混ぜる
栗の半量を入れて軽く混ぜる。

6:内釜にさつま芋とグラニュー糖を入れて混ぜる

内釜にさつま芋とグラニュー糖を入れて混ぜる
内釜にさつま芋とグラニュー糖を入れ、芋にグラニュー糖をまぶしつけるように混ぜる。残った栗を散らす。

7:生地を流し入れて、真ん中を凹ませて炊く

生地を流し入れて、真ん中を凹ませて炊く
生地を内釜に流し入れ、真ん中を凹ませて炊く。

8:スイッチが切れたら取り出して冷ます

スイッチが切れたら取り出して冷ます
炊飯器のスイッチが切れたら試し串をして、火が通っていたら網に取り出して冷ます。
炊飯器料理のコツ / 炊飯器料理の注意点

9:完成

完成
完全に冷めてから切り分けて食べる。
焼きたてはさっくりと香ばしく、翌日はバターがなじんでいっそう美味しくいただけます。

10:桜の塩漬けをトッピング

桜の塩漬けをトッピング
桜の塩漬けをのせれば、見た目も味もぐっと和風に。

ガイドのワンポイントアドバイス

ココナッツパウダーときな粉の個性が調和して、和菓子のようなケーキになりました。ココナッツパウダーの代わりにアーモンドパウダーも使えます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。