あなたのお尻は大丈夫?

02

お尻の冷えをきちんと意識していますか?

一度ご自分のお尻を触ってみてください。びっくりするほど冷たくなっていませんか? 季節のせい? 椅子が冷たいから?

いいえ。お尻が冷たくなってしまうのにはきちんと原因があるのです。

お尻の冷えの大きな原因と考えられているのが「血行不良」。
デスクワークなど1日の大半を座ったままになっている方は特に注意が必要です。座った時のお尻はあなたの体重を支えて圧迫されている状態にあります。お尻は毛細血管がたくさん集まっている部位でそこに圧が加わることで血行やリンパの流れが悪くなりやすくなり、それが冷えにつながっていると考えられています。また立ったままであっても、長時間同じ姿勢でいる方は同様に注意が必要です。

もうひとつお尻を冷たくさせているのが「脂肪」です。
脂肪は温まりにくく、脂肪が多くついた部位は他の部位に比べて冷たくなっていますよね。女性は子宮を守るため元々お尻に脂肪がつきやすいのですが、運動不足などでお尻の筋肉が低下してしまうことで、さらにお尻に脂肪が付いてしまい冷えにつながってしまうのです。


「気にしない」で放置するのは危険

03

お尻の冷えは様々なお悩みの原因!

この「お尻の冷え」を放っておくとどうなるかというと……
  • 太りやすくなる
  • 足がむくみやすくなる
  • 便秘になりやすい
  • 腰痛になりやすく悪化しやすい
  • 月経痛の症状が重くなりやすい
  • 婦人科系疾患を引き起こしやすい
  • 痔になりやすい
などにつながりやすくなります。
女性特有の症状も多いため、女性は男性よりも「冷え」に気を配らなければならないことがわかりますね。また冷えたお尻はセルライトが出来やすく、ボディラインを崩してしまう原因になったり、婦人科系疾患を引き起こす原因に発展する可能性もあります。
お尻の「冷え」を放置するのは実は危険なんですよ。

そこで簡単骨盤ストレッチで温活してみませんか?
手軽に毎日の生活に取り入れられ、温活効果もバッチリ!



【動画で紹介】今日から実践できる簡単骨盤温活で冷えを撃退!

まずは簡単な骨盤まわりのストレッチで1日座りっぱなしのお尻を動かしてあげましょう。
  • 骨盤温活ストレッチ

1、座って左脚をのばし右脚と左脚を交差させます。
04

背筋を伸ばして行います。

2、背筋を伸ばしたまま右膝を左肩に向けて引っ張り10秒静止します。
05

両肩は正面に向けて固定させます。

3、反対も同様に行います。
06

ゆっくり呼吸しながら行いましょう。

左右2回ずつ、1日2セットを目安に行います。


次はお尻の筋肉をしっかり動かして血行を良くしていきましょう。

  • お尻に効く! 簡単骨盤エクササイズ


1、床に仰向けになり両膝をたてます。
07

脚は肩幅くらいに広げます。

2、体が垂直になるまでお尻を持ち上げます。
08

お尻に力が入っていることを感じてください。

3、お尻が床につく手前で再度お尻を持ち上げます。
09

お尻を持ち上げる時は恥骨から引き上げるように

1セット10回、1日2セットを目安に行います。


まずは寝る前に簡単なストレッチからはじめてみてください。
「冷え性だしお尻が冷たいのは当たり前」「あまり触らない場所だし気にしない」とスルーしていてはいけません! お尻も骨盤も女性にとって大切なところ。きちんと動かして温めてあげましょうね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。