スッキリ起きるポイントは照明

人は光を浴びると目が覚めるようにできています。そのため、寝る前はほの暗い明かりの中でリラックスして過ごすことでスムーズに入眠することができます。逆に、朝の起床前くらいに寝室を少しずつ明るくすると、それに応じて睡眠が浅くなり、起床時の目覚めが良くなると言われています。

pana_led

パナソニックのLEDシーリングライト HH-CB1070A

この仕組みを利用したのがパナソニックのLEDシーリングライトHH-CB1070Aです。これは起きる30分前からほのかな明るさで点灯し、朝日が昇るように少しずつ電球色から昼白色へと照明の色が変化していきます。そしてアラーム設定時間になると昼白色が100%点灯する機能を備えています。


このほか、寝る前にスマホやテレビなどの光を発する機器を見ていると、交感神経が刺激されて入眠の妨げになりますので注意が必要です。

リラックスして眠りにつきやすく

mujirushi_aroma

無印良品の超音波アロマディフューザー11SS

ぐっすり眠るためには、自律神経である「副交感神経」を優位にすることが重要です。「交感神経」が活動する時や緊張時に働くのに対し、「副交感神経」はのんびり過ごしたりリラックスしている時に優位になります。ぬるめのお湯に入浴するなど自分なりのリラックス方法をみつけるとよさそうです。睡眠前に使うのがオススメな家電はこちら!

1:足元などをマッサージしてリラックス
日中、立ち仕事などで疲れた足を癒やしてリラックス。脚用のマッサージ器や、デザインに配慮した低周波治療器も増えています。

2:アロマの香りでリラックス
アロマデフューザーなどを使って好きな香りを楽しみながらゆったりと過ごせば、安眠が期待できそうです。

3:"呼吸トレーニングで"スムーズな寝つき
omuron_nemuri

呼吸のトレーニングができる、オムロンのねむり時間計HSL-003T

枕元に置くだけで睡眠の質をチェックする"ねむり時間計"。「呼吸トレーニング」メニューを搭載した商品が登場しました。オムロンヘルスケアのHSL-003Tはアプリを利用した「呼吸トレーニング」で副交感神経を優位にし、スムーズな寝付きをサポートする商品です。「呼吸トレーニング」はヨガインストラクターが監修しているとのこと

布団を清潔にして質のよい眠りを

futon_uriba

レイコップ、ダイソン、パナソニックなどふとん用クリーナーを発売するメーカーが増えている(コジマ×ビックカメラ八王子高倉店オープン時)

布団には気がつかないうちにダニの死がいやハウスダストなどの汚れが付着しています。レイコップ、パナソニック、シャープなど各社から発売されている布団用クリーナーを使って布団を清潔にすれば気持ちよく眠れそうです。






***
<参考資料>
厚生労働省 健康づくりのための睡眠指針2014
環境省 平成20年度 ヒートアイランド対策の環境影響等に関する調査業務 報告書



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。