炊飯器で簡単!黒ゴマパンのアイスクリームサンド

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザパン

 

ふわふわで香ばしい黒ゴマパンのアイスクリームサンド

炊飯器で、黒ゴマをたっぷり練り込んだパンを焼き、アイスクリームをサンドしました。ふわふわで香ばしくて冷たくてほどよく甘いパンになりました。暑くて食欲の無い日でも、このパンなら食べやすいのではないでしょうか。

▼関連レシピ
炊飯器で作る巨大パン12選
ご飯入りミューズリーパン
カルツォーネ千切りパン
大きなパンケーキ(ホッケーケーキ)
チーズケーキタルト

炊飯器で黒ゴマパンの材料(5合炊き炊飯器用

黒ゴマパン
強力粉 290g
インスタントドライイースト 小さじ1
すり黒ごま 大さじ2
黒ごま 大さじ2
砂糖 大さじ2
小さじ1
スキムミルク 大さじ2
200cc
無塩バター 10g
トッピング&仕上げ用
アイスクリーム カップアイスクリーム 2コ
クッキー 市販のもの4コ
ミントの葉 4枚

炊飯器で黒ゴマパンの作り方・手順

炊飯器で黒ごまパンを作る

1:粉、イースト、砂糖、塩、ミルク、すりごまを混ぜる

粉、イースト、砂糖、塩、ミルク、すりごまを混ぜる
内釜に強力粉、イースト、砂糖、塩、スキムミルク、黒すりごまを入れて泡だて器でグルグル混ぜる。バターは室温で柔らかくしておく。
内釜で直接混ぜるのがイヤな場合はボウルで

2:箸で混ぜながら水を加えていき、ラップして5~10分休ませる

箸で混ぜながら水を加えていき、ラップして5~10分休ませる
箸で混ぜながら水を加えていき、水気が全体に行きわたったら、ふんわりラップをかけ、5~10分休ませる。
ここでバターを混ぜてしまってもいい

3:バターを加えて手で5分ほどこねて、黒ごまを混ぜる

バターを加えて手で5分ほどこねて、黒ごまを混ぜる
柔らかくしておいたバターを加え、5分ほど手でこねたり叩きつけたりしたら、黒ごまを加えて均一に混ぜ込む。

4:水をつけたラップをかぶせ、50~60分一次発酵させる

水をつけたラップをかぶせ、50~60分一次発酵させる
水をつけたラップで覆い、暖かい場所で50~60分、2倍の大きさになるまで一次発酵させる。

5:粉をつけた指を差し込んで戻ってこなければ一次発酵終了

粉をつけた指を差し込んで戻ってこなければ一次発酵終了
一次発酵が終わったら、粉を敷いた台の上に取り出す。
粉=打ち粉は分量外

6:ガス抜きして4等分に分割する

ガス抜きして4等分に分割する
手の平で優しく押してガス抜きして、4等分にする。

7:丸めて内釜におさめて二次発酵

丸めて内釜におさめて二次発酵
優しく丸めて内釜におさめる。水をつけたラップでおおい、暖かい場所に40分ほどおいて、2~2.5倍の大きさになるまで二次発酵させる。
内釜にはあらかじめ、薄く油(分量外)をぬっておく(油をつけたペーパーで拭く)

8:二次発酵終了したらスイッチオン

二次発酵終了したらスイッチオン
二次発酵が終わったら、ラップを外して普通に炊く。

※気温が低い季節は、こんなふうに保温機能を利用して発酵させる。

9:炊き上がり(焼き上がり)

炊き上がり(焼き上がり)
スイッチが切れたら焼き上がり。
炊飯器料理のコツ
焼きが甘い(軽く触ってみた時に弾力がなくて凹んだら戻って来ない感じ)場合は、もう一度スイッチを入れる

10:取り出す

取り出す
網の上に取り出す。

アイスクリームサンドにする

11:アイスクリームをはさんで飾り付け

アイスクリームをはさんで飾り付け
4つにちぎり、真ん中を切ってアイスクリームをはさみ、クッキーとミントの葉を飾る。

応用:大きく焼いてミルククリームサンドにする

12:生地を分割しないで大きいまま焼く

生地を分割しないで大きいまま焼く
生地をガス抜きした後で、分割しないで丸めて二次発酵させて焼く。

13:ミルククリームと苺ジャムをサンドする

ミルククリームと苺ジャムをサンドする
半分に切って、ミルククリーム(室温で柔らかくした無塩バター80g、粉砂糖15g、練乳大さじ2と1/3を混ぜる)と、苺ジャム少々をサンドする。

14:切り分けて食べる

切り分けて食べる
切り分けて食べる。

ガイドのワンポイントアドバイス

春や秋なら暖かい窓際で、夏場なら冷房が効いていない室内で発酵します。寒い季節には、炊飯器の保温機能使って(スイッチを入れたり切ったりして温度調節して)発酵させます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。