ラップ界の気鋭・環ROYさんとのタッグに挑戦する新作『ありか』。
環さんとの出会い、舞台化のきっかけをお聞かせください。

島地>2013年に彩の国さいたま芸術劇場で上演したアルトノイの舞台を、環くんが観に来てくれたのが最初の出会い。そのとき音楽を担当していた蓮沼執太さんもそうですが、彼とは共通の知り合いが多くて。舞台後の打ち上げでみんなと一緒にごはんを食べに行き、そこで初めて話をしました。

出会いはそのときが初めてでしたけど、もともと環くんのことは知っていましたし、本番前のウォーミングアップのときなどによく彼の曲を聞いていました。環くんはラップをやっているひとの間では知られた存在で、僕のダンサー仲間ですら知ってるひとは多いです。以前ダンサーの知人が、“環くんはちょっと動きがおかしくてステキだよ”と言っていて、それで僕もライブを観に行き、彼の動きにすごく魅力を感じました。

最初から共演の話が出ていたかというとそうでもなくて、僕はまだドイツにいたのでお互い距離もあったし、帰国したときに何度か共通の友人も交えてご飯を食べている内になんとなく親しくなっていった感じです。当時すでに日本に帰ってくることは決まってたけど、日本のダンサーと何かやろうという気持ちはあまりなくて、ちょっと違うことに挑戦したいと考えてました。そこで2014年夏に日本へ一時帰国したときに愛知県芸術劇場まで行き、プロデューサーに公演をやらせてくださいとお願いをして、そこから本格的に環くんとのやりとりが始まりました。

pH

 

ラップとダンスという畑違いのおふたり。クリエイションはどこから着手したのでしょう。

島地>クリエイションは昨年の12月から始めました。当初は本当に何も決めていませんでしたね。とりあえず一緒にいて、そこから何が生まれるだろうと……。ダンサーとラッパーが舞台上に上がり、ラップでダンスを踊るようなことはしたくなかった。共有できるものを探すのが一番の目的で、そこに辿り着くためにいろいろな角度からアプローチしていきました。お互いの手の内をみせ合うような、リハーサルというよりは身体と言語を使い交流を深めていきました。

ただ彼は決してやりやすい相手ではなくて……。というのも、ダンサーは言葉で言えないから踊りますよね。彼は、言葉を大切にしているひと。言葉から理解していくし、説明に納得しないと動かない。加えて、音楽のひとは音楽のひとと組んだ方が共通ルールもあってわかりやすいだろうし、それはダンサー同士にしてもそう。バレエ、コンテンポラリーダンス、ジャズダンスとかジャンルはいろいろあっても、例えばプリエやプレパレーション、ピルエットといったダンスで用いる共通言語があり、ある程度言語で共有し動きが想像できる。しかし、それがラップのひととはできません。だから、説明していくことが不可欠になります。感覚的なことや概念を言語化し、それを使ってコミュニケーションを取るということを彼から学んでいます。ゴールのないものに向かって行う作業は、彼にとってとてもプレッシャーだと思いますし、お互いの当たり前を壊し合う作業です。

彼がどんな感覚を持つ身体なのか知りたいという想いがあって、初日のリハーサルでは組み合う動きを即興的に試してみました。それこそもう洗濯機のような(笑)。最初に感じたのは、距離感の違いですね。ひととの近さ、相手に触れこることに関してダンサーは慣れてる部分がある。僕のなかでは当たり前になってたけれど、男同士って大人になったらまず触れたり触れられたりしないものなんだと、その段階から違いに気付かされました。

僕は相手がダンスの素人だと思ってやらないし、初めてだから簡単にしようとも思わないから、彼にとっては相当ショックだったみたい。応えようとはしてくれてたけど、たぶん最初はすごくムリしてたはず。

pH

 

環さんにダンスの経験は?

島地>たぶんダンスはクラブで踊る程度で、スポーツも特に経験はないと思います。だけど非常に特異な身体を持っていて、妙に柔らかい。柔軟性があって、折りたためる方向にものすごく折りたためてしまう。二重関節なんです。ヨガマスターみたいな身体をしてて、筋力があったり早く動けたりする訳ではないけれど、同じポーズでずっといるようなことが苦もなくできる。本当に天性のものですね。ダンサーならこれくらい柔らかければいいなと思うほど。思いがけない動きが生まれるから、それが気持ち悪くてステキなんです(笑)。僕はそこが好きだし、見ていたいなって思う。

pH

(C)後藤武浩