キャビンアテンダントが教える!「この人は何かが違う」と思わせる仕草

image

初対面で「この人は何かが違う!」と思わせる!

第一印象は重要です。仕事でのプライベートでも、初対面の時の印象が良いと、その後の関係もスムーズに運びますよね。

ここでは機内で一日何百人もの初対面のお客様と接してきた元キャビンアテンダント(CA)が「初対面で素敵な人」と思われるためのポイントを伝授。

今回は「この人は何かが違う!」と思わせる「仕草編」をご紹介します。

 

無意識に印象を作ってしまう姿勢

ふとショーウィンドウに映った自分の姿を見て、「何この疲れた人!」とぎょっとした経験はありませんか?ショーウィンドウなので鏡のようにはっきりと顔が見えているわけでもないのに疲れた人という印象に見えてしまうのは、前に入ってしまっている肩や丸まった背中などの姿勢が原因ではないでしょうか。

姿勢というものは無意識のうちに印象を左右している要素でもあります。「この人はなんだか暗そう」「自信なさそう」という印象を抱いた人は、姿勢が原因かもしれません。


腹筋と肩甲骨回りを鍛えるのが近道

image

こまめに肩回りをほぐして美姿勢キープ!

それでは姿勢を良くするにはどうすればよいのでしょうか。まず、お腹とお尻に常に力を入れて体幹をまっすぐ保つこと、そして肩と胸は開くことが大切です。

しかしこの姿勢は一時的にとることはできても、ずっとキープすることは難しいもの。無理して頑張って良い姿勢にしようとすると、顔も引きつってしまいがちなので、自然とよい姿勢を取れるようになりたいですよね。

そのためには体幹を支える腹筋を鍛えること、そして肩を開くための肩甲骨回りを鍛えることが大切です。腹筋は改めて筋トレをしなくても、普段から腹筋に力を入れて生活するようにするだけでも十分効果があります。肩甲骨回りは肩を回すエクササイズをするなどして、凝り固まらないように意識しましょう。肩こり解消にも繋がり一石二鳥ですよ。

 

次は素敵な人には欠かせない、手のポイントをご紹介します。