奇跡の一枚を撮る!これが大人の自撮りポージング

痛すぎず、かわいく撮りたい!

痛すぎず、かわいく撮りたい!

大人女子だってかわいい自撮り&スマホ写真が撮りたい!けれど、盛りすぎの痛い写真にならないように、細心の注意が必要です。自撮り写真成功のコツは、「とにかく沢山撮影すること」。自撮り棒やセルフタイマーなども駆使し、自分の写真写りを研究してみませんか?

本記事では、自分の魅力を引き出すオススメ自撮りポージング&スマホ撮影のコツを10個ご紹介します(以下の写真は、全てiPhone 6で撮影したものです)。

まず最初に、「ありがち定番ポーズ」をおさらい

ド正面と上目遣い

ド正面と上目遣い

■ヒネリなしの、ド正面写真
普通に可愛くはあるけれど……せっかく色々試せる自撮り写真なら、もうひとヒネリ欲しいところ。

■ありがちな、あご引き上目遣い写真
「自撮りといえばコレ」というくらい定番のポージングですが、やりすぎるとブリッ子に見えたり年齢によってはあざとい雰囲気が出てしまうことも。

では次から、オススメの自撮りポージング&スマホ写真のコツを一挙にご紹介します!

1 左右斜め45度上から撮るのが、やりすぎ感なくベスト

2:絶対斜め45°上の角度から!

絶対斜め45度上の角度から!

撮影時のスマホ位置は、真正面上よりも左右いずれかの斜め45度上から撮るのがオススメ。顔が自然と傾いて、写真に動きが出るので小顔効果UP。エラが張っている顔立ちの人も自然にカバーできます。左右どちらの写りがいいか、試して研究してみましょう。


2 思い切って寝転べば、マイナス5歳のグラビア風

3:思い切って寝転べば、-5歳顔

思い切って寝転べば、マイナス5歳顔

仰向けに寝ながら撮ると、あらビックリ! 頬のたるみや口角のゆるみ、フェイスラインがすっきり見えます。若々しいだけでなく、リラックスした表情やセクシーな雰囲気も引き出しやすいので、かなりオススメ。


3 クール&小顔を叶える、あご上げポーズ

1:あご上げで新鮮な表情に

あご上げで新鮮な表情に

あごを上げると、それだけでクールで新鮮な印象に。気になるフェイスラインのたるみやほうれい線も、重力で下に流れてスッキリ! 顔を全部出してしまうと顔デカ印象になるので、顔周りは髪でカバーするのを忘れずに。


4 光を制して美肌に!電灯より自然光、できれば窓際で

10:最強美肌はレースのカーテン越し

最強美肌はレースのカーテン越し

ライティングは写真のできを大きく左右します。直射日光や蛍光灯の真下は顔の陰影が強く出すぎるのでNG。自然光が入る部屋で、窓際からの木漏れ日がベターです。なかでも、レースのカーテン越しは、最強美肌が作れる絶好シチュエーション。優しく透け感があるのでふんわり美肌に写ります。


5 手元ポージングで、さりげなく丸いほっぺをカバー

4:さりげなく丸いほっぺを手でカバー

さりげなく丸いほっぺを手でカバー

少しでも痩せてみせたい! ちょっとふっくらしすぎて気になるフェイスラインも、あごや頬に手を添えるだけでこんなにシャープに。あくまでも自然な感じに見えるよう、片手で少しだけ隠すのがポイント。虫歯ポーズや両手隠しは、やりすぎ感が出てしまうのでNG。


6 写真の一部をカットして、格好良い雰囲気に

8:迷ったら頭と肩をトリミング

迷ったら頭と肩をトリミング

トリミングとは、写真から余分な部分を削除して重要な部分を強調すること。頭の先から全部写真に入っているよりも、頭や体が一部トリミングされていると動きが出てオシャレな雰囲気に仕上がります。迷ったら、まずは頭と肩をトリミングしてみて!


7 小物をフル活用!目の錯覚を利用して、簡単小顔

5:顔より大きい小物で対比効果

5:顔より大きい小物で対比効果

人間の目は、簡単に錯覚を起こすもの。自分の顔より大きい小物をサイドではなく、手前に持っていけば、小顔効果が生まれます。小物によってフェイスラインに影もできるので、シャドウ効果もアップ!


8 大ぶりアクセで視線を逃がして、欠点を隠す

6:大ぶりアクセで視線を逃がす

6:大ぶりアクセで視線を逃がす

ノーアクセサリーだと顔だけに視線が集中してしまって、アラも目立ちがち。大振りのピアスやネックレスを顔周りにつけることで、視線が分散されるので欠点をカバーし小顔効果も生まれます。


9 インスタっ子は「横位置撮影」が基本

9:インスタっ子は横イチで撮る

9:インスタっ子は横イチで撮る

インスタグラムは画像が正方形なので、最初から縦よりも横位置で撮影しておくと、「折角撮ったのに、顔が途中で切れてしまった……」という失敗が防げます。写真は引き目で撮っておいて、後からトリミングすると可愛いポイントが見つけやすいですよ!


10 ぬいぐるみで顔を隠せば、小顔&キュートさ2割増し

7:かわいいぬいぐるみでキュートさ2割増し

7:かわいいぬいぐるみでキュートさ2割増し

上目遣いやあひる口、可愛い系女子の表情は恥ずかしい……そんな人は思い切って小物で可愛さをプラスするという手も。キャラクターのぬいぐるみで顔の気になる部分をカバーすれば、小顔効果も生まれ好反応間違いナシ。


写真写り関連記事

【特集】奇跡の1枚が叶う!自撮り&写真写りを良くする方法TOP
  1. 写真映えするパーツ別メイク
  2. ちょい盛り自撮りメイクのやり方
  3. 自撮り写真!かわいく写る10のコツ
  4. 写真写りがアップ!スリム&小顔に写る姿勢術
  5. 写真写りがアップ!美肌ライティングの小ワザ
  6. スリム&小顔!写真栄えする髪型&アレンジ

衣装協力 : ニット1万7000円 / NATURAL BEAUTY Tel.03-6748-0342


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。