疲れ知らずの体を作る!バランス献立レシピ

受験シーズンも真っただ中、学生の方も体力的精神的に張り詰めている時期、また毎日の寒さで寝付きも悪く、疲れがたまっている方も多いのではないのでしょうか。今回は疲れをためず、毎日軽快に過ごせるようになる献立レシピをご紹介します。毎日の食事を少し工夫するだけで、疲れを感じない習慣を作ることができます。

疲労回復効果が高いビタミンB1とタウリン

写真

疲れはその日のうちに取り除きましょう

うなぎ、豚肉、大豆、玄米などに多く含まれるビタミンB1には疲労回復効果が期待されます。またいか、タコ、貝といった魚介類にはタウリンが含まれており、こちらも疲労回復効果のほか肝機能の強化する働きがあります。

 



香味野菜も積極的に

写真

ビタミンB1の効果をサポート

ビタミンB1の吸収を促進し、疲労回復効果を持続させるのがアリシンという香気成分です。アリシンを含む食べ物は、ニンニク、ニラ、たまねぎ、長ねぎなどが挙げられます。加熱せずなるべく生のままサラダや薬味として食べるとより一層効果が期待できます。

 



脂質をエネルギーに変えてスタミナを

写真

体にみなぎるエネルギーを

レバー、ラム肉、かつおなどに多く含まれるビタミンB2、L-カルニチンは脂質を燃焼させエネルギーに変換する働きがあります。この時の変換作業をより効率よくサポートしてくれるのがコエンザイムQ10という酵素です。青魚、牛乳、肉、ナッツ類に多く含まれています。

 



果物や鶏肉も日々の食卓に

写真

鶏肉は料理の汎用性が高くおすすめ

柑橘系の果物や梅干しに含まれるビタミンCには体内に蓄積した疲労物質を早く代謝させる効果があります。また昨今、鶏肉に含まれるイミダペプチドという物質には疲労回復効果があるといわれています。たんぱく質も多く含まれているので筋肉疲労時には特に食べて頂きたい食材です。

 



日常の食事からマグネシウムを補給

写真

マグネシウムは日々の食事から

マグネシウムは体の中で自ら作り出すことができず、普段の食事から補わなくてはいけません。マグネシウムを体内に取り込むことで疲労感を排除し、リラックス効果を得ることができます。マグネシウムを多く含む食品としては、海藻、きのこ、種実類が挙げられます。

 


それでは、これらの食材を活かした、疲れ知らずの体を作る!バランス献立レシピをご紹介します>>