やる気が出る!気持ちを元気にさせる献立レシピ

卒業、入学、入社などを迎え新生活がもうすぐ始まります。喜びや楽しみが多くなる気持ちの反面、不安感や緊張感が高まる時期にもなります。そこで今回はやる気が出る!沈んだ気持ちを元気にさせる献立レシピをご紹介します。モチベーションを上げて、それを維持し、新しい環境で充実した毎日を送れることを目標にした、日々の食事に活用できるポイントを覚えておきましょう。


アミノ酸の力で脳の働きをUP!

写真

アミノ酸で心も体も元気に

アミノ酸の一つであるチロシンは、やる気を出す神経伝達物質であるドーパミンという物質と深い関係があります。種実類や魚、牛肉、大豆製品、乳製品などに多く含まれており、勉強や仕事等で疲れがたまったり睡眠が足りなかったりした時にこれらの食材をとると精神的なストレスが軽減され、脳が活性化し気持ちが前向きになります。

 



ビタミンCで気持ちをシャキッと!

写真

ビタミンCで気分転換も図れます

柑橘系の果物や野菜に多く含まれるビタミンCには、疲労や心理的からくるストレスに対しての免疫力を高めてくれる効果があります。ストレスが軽減されると、やる気が出て心身ともに元気になることにつながります。今回はセロリやグレープフルーツを使って料理に展開しました。ビタミンCを含む食材は酸味や香りを楽しめるものが多く、日々の食事だけでなくデザートにも取り入れることができます。

 



良質の油を料理に活用

写真

良質な油をとりましょう

いわしやさば、鮭などの青魚、くるみなどのナッツ類や、えごま油や亜麻仁油に多く含まれるオメガ3脂肪酸には脳を活性化し、認知症予防などの効果があります。脳を元気にすることとやる気が出ることは密接な関係があります。抗酸化作用があるビタミンCと一緒に摂取すると効率よく体内に取り込むことができます。

 



ビタミンDやビタミンEは意識して

写真

種々のビタミンを食事にとり入れて

卵黄や魚、きのこ類に多く含まれるビタミンD、油や種実類、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンEが体内に不足すると、気分が落ち込み、うつ状態になったりやる気が出ない状態になったりします。

 



それでは、これらの食材を使った、やる気が出る!気持ちを元気にさせる献立レシピをご紹介します>>