肌のハリを取り戻す!「顔ツボMAP」

肌のハリをアップする「顔ツボMAP」。

肌のハリをアップする「顔ツボMAP」。

香りを迎えると書く、1.迎香(ゲイコウ)は、小鼻のくぼみ部分にあるツボ。鼻づまりや花粉症などの症状を和らげるとともに、肌に潤いを与える美肌のツボとしても知られています。

頬のたるみをケアするのは、次のツボ。瞳の真下の頬骨の下の2.巨リョウ(コリョウ)、目尻の真下の頬骨の下の3.顴リョウ(ケンリョウ)、瞳の中央から指1本下の4.四白(シハク)、耳から2cm前方の頬骨の下5.下関(ゲカン)、耳から2cm前方の頬骨の上の6.上関(ジョウカン)の4点です。

さらに、頭皮から顔を引き上げるために、次のツボもチェック。耳の上端の中央の指2本分上の7.率谷(ソッコク)、耳の上部付け根の上で側頭部の生え際にある8.角孫(カクソン)、7の1.5cm後ろの0.5cm下の9.天衝(テンショウ)の3点です。

あわせて上まぶたをケアするなら、眉頭の10.攅竹(サンチク)、眉中央の11.魚腰(ギョヨウ)、眉尻の12.絲竹空(シチククウ)、眉中央の2cm上の13.陽白(ヨウハク)も押さえます。


肌のハリに効く顔ツボ3ステップ

ステップ1。

ステップ1。

ステップ1:顔の右側から押していきます、反対側も同様におこなってください。息を吐くときに、押さえたツボを動かすことで筋肉をストレッチするのが基本です。

はじめに頬のたるみを引き上げます。左の人差し指で小鼻のくぼみ部分の「迎香」を押さえます。右の親指と人差し指で頬骨をつまむようなイメージで、頬まわりの2点「巨リョウ」と「四白」を押さえて、笑顔で深呼吸。左手は固定して息を吐きながら、右指は3秒かけて斜め上に1cmほど引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

ステップ2。

ステップ2。

ステップ2:左右の親指・人差し指を使って頬骨をつまむようにして、頬まわりの4点「顴リョウ」「四白」は固定して、「下関」「上関」を押さえ、そのまま深呼吸。左手は固定して息を吐きながら、右の指2本を斜め上に引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

ステップ3。

ステップ3。

ステップ3:次は、頭皮全体のたるみを引き上げます。左手でチョキを作り、耳上のツボ2点の「率谷」と「天衝」を押さえ、右の人差し指で「角孫」(耳の上部付け根の上で側頭部の生え際)を押さえます。笑顔で深呼吸をし、右指は固定したまま、左手のチョキを斜め上に引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

あわせてやりたい「上まぶた」のたるみ取り

ステップ4。

あわせて上まぶたにもハリを与えて。

お疲れ顔に見えやすい落ちくぼんだ上まぶたにも、ハリを与えれば、顔全体がピンとハリのある印象になります。

右手で眉の3点を押さえます。薬指で眉頭の「攅竹」、中指で眉中央の「魚腰」、人差し指で眉尻の「絲竹空」。左手は、眉中央の2cm上の「陽白」を押さえます。

笑顔で深呼吸をし、息を吐きながら、両指を3秒かけて1cmほど引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

【撮影協力】
撮影/吉井 明 執筆/森本裕美

【衣装協力】
W ワークアウト フィットタンクトップ¥5600、W ワークアウト ニットカプリパンツ¥5900/ともにアディダス
アディダスグループお客様窓口コールセンターTEL:0570-033-033


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。