逆りんぱポニーテールは超簡単ヘアアレンジ方法!

hair make WAKO

hair make WAKO


王道のモテヘアアレンジのポニーテール。ひと手間くわえるだけでボリュームと動きが出て、可愛くて華やかな印象になれる“ぎゃくりんぱ”ポニーテールを紹介します!「ぎゃくりんぱ」とは、流行の「くるりんぱ」の逆。ポニーテールの結び目を逆向きに“くるりんぱ”するだけの簡単アレンジです。初心者の方でも簡単に出来るので是非トライしてみて下さい!  

逆りんぱポニーテールのベーススタイル

鎖骨下のセミロング

鎖骨下のセミロング


あごラインの長め前髪に鎖骨下のローレイヤーセミロング。32ミリのアイロンで毛先をワンカール巻いておくとアレンジしやすくなり、仕上がりに華やかさが出ます。
 

逆りんぱポニーテールの似合うスタイル

顔型 すべてOK
髪質 すべてOK
髪量 すべてOK
クセ  すべてOK

 

逆りんぱポニーテールのヘアアレンジのやり方・方法

きつめに結ぶとスタイルのもちが良い

きつめに結ぶとスタイルのもちが良い


1.前髪を少し残し、高めの位置でポニーテールをします。「ポニーテールの基本」を参考にしてみて下さい。
キレイに見えるバランス

キレイに見えるバランス


2.アゴ先と耳の延長線上で結ぶと良いです(赤い点線)。結ぶ位置のバランスについては、後ほど上手く仕上げるポイントで解説していきます。
 
頭皮から結び目が離れた方が“ぎゃくりんぱ”しやすい

頭皮から結び目が離れた方が“ぎゃくりんぱ”しやすい


3. 片方の手で結び目をおさえ、ゴムを毛束の中間の方に向かってズラします。頭皮から5~6センチ程度ズラすと良いです。
しっかり穴をあけた方が毛束を通しやすい

しっかり穴をあけた方が毛束を通しやすい


4.  “くるりんぱ”のように根元に穴をあけます。
両手の親指を使って毛束の結び目を押し上げるように通すと良い

両手の親指を使って毛束の結び目を押し上げるように通すと良い


5. “くるりんぱ”では毛束を上から下に向かって穴にくぐらせますが、逆に下から上に向かって毛束を穴にくぐらせます。
えり足付近にやや、たるみが出るが問題ないです

えり足付近にやや、たるみが出るが問題ないです


6. このように毛束が立ち上がりその下にねじれが出来ます。
たるみが取れない場合は毛束を前後に分け、引っ張ると良い

たるみが取れない場合は毛束を前後に分け、引っ張ると良い


7. 5で通した毛束を2つに分け、左右に引っ張り根元のたるみをとります。
華やかな印象になる

華やかな印象になる


8. 通常のポニーテールよりも毛束が頭の近くに来て、結び目を覆うようなボリューム感が出ます。
毛束で隠れる部分にアメピンで留めると良い

毛束で隠れる部分にアメピンで留めると良い


9. 7でたるみがとりきれない場合はたるんでる部分を指でつまみ、ねじれ付近でアメピンを下から上に向かって留めてたるみをとります。(赤い矢印の方向に向かって)
丸みのあるシルエットにすると良い

丸みのあるシルエットにすると良い


10. 正面から見てバランスがよくなるように毛束を整えます。
少しづつ引っ張ると失敗しない

少しづつ引っ張ると失敗しない


11. トップの髪を指で引っ張り、自然なボリュームを出します。

 

逆りんぱポニーテールを上手く仕上げるポイント

高めに結んだ場合

高めに結んだ場合


“ぎゃくりんぱ”は思ったよりもボリュームが出るので、結び目の高さに注意しましょう。

■NG例
アゴ先と耳前の延長線上で結んだ場合(赤い点線)

普段ポニーテールするには問題ないのですが、“ぎゃくりんぱ”すると下の写真のように、ボリュームが出過ぎてしまうのでNGです。
トップに高さが出過ぎてバランスが悪い

トップに高さが出過ぎてバランスが悪い


NG例のまま仕上げると、おだんごのようになり、毛束にボリュームが出過ぎてしまいます。
NG例よりやや低めに結んだ場合

NG例よりやや低めに結んだ場合


■OK例
アゴ先と耳穴の延長線上(赤い点線)で結ぶ事で、NG例よりも結び目がやや低めの位置になります。“ぎゃくりんぱ”してボリュームが出てもバランスがとりやすくなります。
 

 逆りんぱポニーテールのサイド&バック

hair make WAKO

hair make WAKO

 
hair make WAKO

hair make WAKO


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。