初心者向きターバンヘアアレンジ!くるりんぱ2回で完成

夏らしいターバン(ヘアバンド)とゴム2本だけでできる簡単こなれアレンジ。ヘアアイロンで巻かずにできるので、初心者におすすめの髪型です。雨の日のクセ毛隠しにも使えますし、日差しの強い日には帽子に替えてもOK。何かとトラブルの多い夏のヘアスタイルですが、すっきりまとめておしゃれにキメたいですね!

一見難しそうですが、実はくるりんぱを2回しただけ。後ろ髪の浮きも気にならず、きれいなシルエットに仕上がります。崩し方のポイントも解説していますので、ぜひトライしてくださいね。
夏のターバンヘアアレンジ

hair&make KAORI(anti)

 

ベースのヘアスタイルとおすすめのタイプ

肩すれすれのボブスタイル。髪質、毛量、顔型を問わず全ての方におすすめできます。長さはこのくらいのボブからロングまで幅広く使えます。
肩すれすれミディアムヘア

肩すれすれミディアムヘア

 

ターバンヘアアレンジの方法・やり方

フェイスラインに後れ毛を残す

フェイスラインに後れ毛を残す

1. ベースにオイルやワックスを軽くなじませておきターバンをつけます。前髪とフェイスラインに後れ毛を少し出しておきましょう。前髪のない方は、後れ毛のみでOKです。
 
手ぐしでざっくりで良い

手ぐしでざっくりで良い

2. トップの髪を手ぐしでざっくり分けとります。
 
結び目はたるませてゴムはきつく

結び目はたるませてゴムはきつく結ぶ

3. シリコンゴムで結びます。根元は少したるませて、ゆとりを持たせておきましょう。ゴムは緩まないようにきつくしておいて下さい。
 
左右に引っ張ります

くるりんぱを作り、左右に引っ張る

4. 毛先を上から下に通してくるりんぱをします。最後に毛先を2つに分け、結び目をきつく締めます。
 
残りの髪を1つ目のくるりんぱの上に重ねて結ぶ

残りの髪をくるりんぱの上に重ねて結ぶ

5.残りの髪を上の段のしっぽの上で結び、それをくるりんぱします(上の段の髪を一緒に結ばないように注意)。上の段同様に、結び目を最後にきつく締めるのを忘れずに!
 
この辺りを引っ張り出すと頭の形がきれいに見える

この辺りを引っ張り出すと頭の形がきれいに見える

6. この時点では後頭部の真ん中がへこんでいるので、ここをつまんで引き出します。一度にたくさん引き出さず、少量ずつつまむようにしましょう。
 
ねじり部分も忘れずに引き出す

ねじり部分も忘れずに引き出す

7. 表面全体とねじり部分も同様に。ほんのひとつまみの毛束を少しずつ、場所を変えながら、回数を多めにして引き出すのがコツです。
 
耳後ろもひとつまみだけ引き出す

耳後ろもひとつまみだけ引き出す

8. 最後に耳後ろの毛束をひと束引き出し、後れ毛を作ります。ここもほんのひとつまみでOK。
 

うまく仕上げるポイント

引き出し方のコツをおさらい。一度にたくさんの毛束を引き出すと全体にボリュームが出てしまい、このように頭が大きく見えてしまいます!指先でごく少量の毛束をつまみ、もう片方の手で土台が崩れないように抑えながら引き出しましょう。
頭が大きく見えてしまいNG

一度に引き出すと頭が大きく見えてしまうのでNG

 

ターバンヘアアレンジの正面&バック

ターバンをせずに、同じやり方でくるりんぱを2回。その上に帽子をかぶってもかわいいですよ! 帽子を脱いだときもペタンコになりづらく、おしゃれに仕上がります。
ストローハット(スタッフ私物)

ストローハット(スタッフ私物)

 

正面&バック

hair&make KAORI

hair&make KAORI

hair&make KAORIr

hair&make KAORI

 

使用したターバン(ヘアバンド)

麻素材のターバン(スタイリスト私物)

麻素材のターバン
 

【関連記事】
ターバンの上手な巻き方&簡単ヘアアレンジのやり方
簡単3分!寝ぐせのままでOKのターバンボブアレンジ
簡単おしゃれ!ターバンを使ったミディアムアレンジ
スカーフをターバンにアレンジ!ショートヘアにおすすめの巻き方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。