ターバンを使った簡単おしゃれなミディアムヘアアレンジ

上手く使いこなすと簡単におしゃれさんに見せてくれるアイテムがターバン!今回は、大人っぽくカジュアルに使える簡単ヘアアレンジをレクチャーします。後ろ髪が浮きやすいミディアムレングスの方におすすめの、ズレにくい巻き方もご紹介。ターバンの色や柄を変えるだけでも雰囲気をガラッと変えられるので、覚えておくと便利なヘアアレンジです。
ターバンを使った簡単おしゃれヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

 ベースのスタイル

鎖骨下のミディアムスタイル。表面から大きく動くパーマがかかっているとアレンジしやすくなります。ストレートの方は32ミリのアイロンで表面からランダムに巻いておいて下さい。
鎖骨下のミディアムヘア

鎖骨下のミディアムヘア

 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
クセ:なし~ややクセ
毛量:少なめ~やや多め
髪質:すべてOK

 ヘアアレンジのやり方・方法

手ぐしでざっくりと分ける

手ぐしでざっくりと分ける

1.ハチ上の毛をざっくりと分けとります。分けとったラインがきっちりしてしまうとなじみが悪くなるので注意しましょう。

ちょうど後頭部の中心にくるりんぱを作る

ちょうど後頭部の中心にくるりんぱを作る

2. 後頭部の真ん中で、シリコンゴムでひとつに結び、一度くるりんぱをしておきます。
 
ハチ下の髪を外巻きにねじる

ハチ下の髪を外巻きにねじる

3. 両サイドのハチ下の髪を矢印の方向に回転させて、ねじりながら後頭部に持ってきます。指に巻きつけるイメージで、外巻きにねじりましょう。

両サイドの髪をひとつに結んでくるりんぱ

両サイドの髪をひとつに結んでくるりんぱ

4. ねじったサイドの毛束を後頭部の位置でシリコンゴムでひとつに結びます。その後くるりんぱをします。シリコンゴムは目立たないように髪色に近いものを選びましょう。

前髪とトップの境目あたりにターバンを当てる

前髪とトップの境目あたりにターバンを当てる

5. 鏡を見ながらターバンをつける位置を確認します。前髪とトップの境目あたりが目安。ターバンの太さや、素材の違いで、つける位置のバランスを変えてもOKです。

ターバンがズレないようにしっかり交差させる

ターバンがズレないようにしっかり交差させる

6 まずはバックの毛束の下に1度ターバンを通し、交差させます。ここでズレないようにしっかり固定しましょう。

ターバンを毛束に巻きつける

ターバンを毛束に巻きつける

7. ターバンを毛束に1~2周巻きつけます(ターバンを残したい長さに合わせて巻きつける回数を変えてもOK)。ローポニーテールのような状態になります。

蝶々結びにしてバランスを整える

蝶々結びにしてバランスを整える

8. 最後に蝶々結びにして、バランスを整えたら完成です。リボンの大きさによって雰囲気も変わるので、好みの大きさにアレンジしましょう。

 上手く仕上げるポイント

仕上げに、頭頂部やくるりんぱの結び目の位置を指先でつまみながら引き出しておくのがコツ。アレンジに崩しができ、カジュアルでオシャレな印象になります。ターバンとの相性もよりマッチしたアレンジになりますよ。
指先で表面を引き出すように崩す

指先で表面を引き出すように崩す


サイド&バック

ターバンを使った簡単おしゃれヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

ターバンを使った簡単おしゃれヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

 使用したヘアアクセサリー

ドット柄の細めのターバン。ターバンの柄や太さによってイメージがガラッと変わるので、いろいろなターバンでアレンジを楽しんでみて下さい。
ドット柄の細めのターバン

ドット柄のターバン


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。