ポニーテールの超基本のやり方と崩れない結び方のコツ

髪を高めの位置で結ぶのって、簡単なようで意外と難しいですよね。思ったより低めの位置になってしまったり、パラパラと毛が落ちてきたり、襟足がたるんでしまったり……そんなお悩みを解消するべく、超基本のポニーテールの作り方、きれいに結ぶコツをご紹介します!

初心者でもわかりやすいように、髪の毛の正しい持ち方や後れ毛のまとめ方、崩れにくいポニーテールの結び方を詳しくレクチャー。さらに、やってあげる側目線の注意点も詳しくまとめました。お友だちやお子さんの髪を結んであげる時にも、参考になればうれしいです。
超基本のポニーテールの結び方

hair&make KAORI(anti)

ベースのスタイル

クセのないストレートセミロングスタイル。ベースにオイルやヘアクリームなどで保湿しておくとまとめやすくなります。
クセのないストレートセミロング

クセのないストレートセミロング 

ポニーテールの基本のやり方・結び方

【ポニーテールの結び方】髪を下から上にかき上げる

髪を下から上にかき上げる

1. 手ぐしでざっくりまとめたい位置に髪をかきあげます。手を熊手のようにして、下から上にかきあげるとやりやすいです。
 
【ポニーテールの結び方】手ぐしでざっくりと髪を集める

手ぐしでざっくりと髪を集める

2. サイドも同様に、手ぐしで髪を集めます。この時もざっくりでOK。
 
【ポニーテールの結び方】ブラシを横にあてる

ブラシを横にあてる

3. 次にブラシを使います。このように髪の流れに対して90度に、ブラシを横に当てていきます。

 
【ポニーテールの結び方】ブラシを縦にして手の平に収める

ブラシを縦にして手の平に収める

4. 徐々にブラシを縦にして手の平の中に引き上げます。縦にすることで、髪が手の平に収まりやすくなります。
 
【ポニーテールの結び方】サイドもブラシを横にあてる

サイドもブラシを横にあてる

5. サイドも同様に、毛流れに対して90度にあてます。耳上のあたりから髪を集めていきましょう。
 
【ポニーテールの結び方】ブラシを縦にして手の平に収める

ブラシを縦にして手の平に

6. ブラシを回転させて縦に引き抜きます。髪がゆるまないように気をつけながら、ブラシを持ち替えましょう。
 
【ポニーテールの結び方】片手でしっかり毛束を持つ

片手でしっかり毛束を持つ

7. 面が整ったら、片手でしっかり毛束を持ちます(持ち手は逆でもOK)。この時、手に輪っかゴムをかけておきましょう。
 
ゴムを引っ張りながらクロスする

ゴムを引っ張りながらクロスする

8. 反対の手でゴムをひっぱり、毛束を引き抜いた後にクロスします。たるまないように、ゴムがきつくなるまで繰り返します(結ぶときの注意点は「ヘアゴムで髪をきれいに結ぶ方法」を参照)。
 
ゴムまで届かなかった毛が落ちている状態

ゴムまで届かなかった毛が落ちている状態

9. 結び終わった状態がこちら。襟足にパラパラと毛が出てしまうことが多いので、次にここを処理します!
 
【ポニーテールの結び方】えり足から上にコームを入れて

襟足から上に向かってコームを入れる

10. 一度コームで後れ毛を上にとかします。襟足から上に向かって、とかしていきましょう。
 
【ポニーテールの結び方】コームでおさえたままスプレーをかける

コームでおさえたままスプレーをかける

11. コームでおさえたまま、キープ用のスプレーをかけます。スプレーをした後、もう一度下から上にとかし上げるとピッタリとまります。スプレーは近づきすぎないように、20センチ程度離しましょう。

 

きれいに仕上げるポイント

結び目がたるんだり、緩んでしまったときは、このように毛束を二つに分けて持ち、左右にきゅっと引っ張りましょう。
【ポニーテールの結び方】毛束を左右に引っ張る

毛束を左右に引っ張る

ポニーテールのバックスタイル

超基本のポニーテールの結び方

hair&make KAORI(anti)


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。