ちょっとルーズが決め手!ゆるポニーテールの作り方

誰にでも簡単にできるアレンジのポニーテール。結び目の高さやカール、質感を変えるだけで、印象が大きく変わる万能ヘアアレンジです。今回は、ちょっとルーズに仕上げた大人カジュアルな印象のポニーテールを紹介します。
hair make WAKO

hair make WAKO


 

あ

長め前髪のローレイヤースタイル


 

ベースのヘアスタイル

鎖骨下のミディアム

似合うスタイル

  • 髪質 やわらかい~かたい
  • 髪量 やや少ない~多い
  • クセ なし~あり
  • 顔型  すべてOK

  •  

ヘアアレンジの方法・やり方

あ

スライスをうすめにとると根元にウエーブがつきやすくなる


 
1. 太さ32mmのヘアアイロンで毛先をワンカール巻き、前髪、表面の髪を少しだけ(縦2cm×幅3cm程度のスライス)を根元から巻きます。

根元から巻いておくことで仕上がりで、柔らかさがでます。

 

あ

2~3センチ位


 
2. 髪をまとめやすくするために、ややセット力のあるクリームワックスをつけます。

手の平の上で透明になるまでなじませ、手の平いっぱいに伸ばしてからつけるようにすると上手くいきます。

 

 

あ

耳前の髪、こめかみ辺りの髪は浮きやすいのでしっかりとつけると良い


 
3. オールバックの要領で手の平を頭の丸みに沿わせるように生え際の根元部分中心にワックスをつけます。

 

 

あ

手ぐしでまとめる事でラフな仕上がりになる 


 
4. 仕上がりの際、表面にふんわりとした動きをつくるために前髪を残しておきます。

それ以外の髪を耳後ろの高さでざっくりと手ぐしまとめます。

 

 

あ

きつめに結ぶとスタイルのもちが良い


 
5. 4でまとめた髪をヘアゴムで結びます。

真ん中~低めの高さで結ぶと大人な印象になり、高めに結ぶと若い印象になります。

 

 

あ

えり足の髪全部をたるませるのではなく、真ん中辺りの部分の髪をたるませるとバランスが良い


 
6. ルーズさを出すために、あえて、えり足の髪を指で少しづつ引っ張りたるみをつくります。こうするとオシャレな雰囲気になります。

 
あ

巻きつけてヘアゴムが隠れるくらいの分量で良い 


 
7. 5で結んだ毛束から少量の毛束を分けとります。

 

あ

きつめに巻きつけると崩れにくい


 
8. 7の毛束をヘアゴムを隠すように巻きつけます。片方の手で押さえながら巻きつけていくとキレイに仕上がります。

 

あ

上から下にヘアゴムに向かって押し込むように留めるとアメピンが見えなくなる


 
9. 8で巻きつけた毛束の毛先を小さいアメピンで留めます。1カ所で留まりにくい場合は数カ所留めると安定します。

 

あ

正面、横から鏡で確認しながらつけると良い


 
10. 4で残しておいた前髪も含めてカチュームをつけます。この際、前髪をオールバックのようにかきあげてからカチュームをします。

 

あ

アメピンが見えないようにまとめた髪に押し込むように留めると良い


 
11. 10でかきあげた髪の毛先を小さいアメピンで、ざっくり2~3カ所とめます。

 

あ

正面から鏡で確認しながら整えると失敗しない


 
12. 表面の髪にふんわりと動き出るように整えます。
この際、指で毛束をつまんで少しづつ引っ張りながら高さと動きを出し、丸みのあるシルエットにするとバランスが良くなります。

 
次ページでは「上手く仕上げるポイント」を紹介します。