輪っかゴムの基本的な使い方と髪の結び方、きれいな縛り方をマスター

輪っかのヘアゴムで髪の毛を結ぶ時、パラパラと落ちてきたり、途中で崩れてしまったり、なかなかうまくいかないことも多いですよね。今回は、超基本の輪っかゴムの結び方をおさらいします。ベーシックな「ひとつ結び」のやり方、さらに結んであげる側の目線のやり方や注意点もわかりやすくまとめてみました。お友だちやお子さんの髪を結ってあげる時にも、ぜひ参考にしてください!
輪っかゴムで髪を結ぶ方法

hair&make KAORI(anti)
 

 

ベースのヘアスタイル

鎖骨レングスのストレートヘア。結ぶとパラパラと落ちてきやすい髪質です。結ぶ前にヘアクリームや柔らかいワックスを全体になじませておきます。
ストレートセミロング

ストレートセミロングスタイル

 

輪っかゴムの使い方・髪の結び方

うなじの辺りの高さで結ぶ場合の手の位置

うなじの辺りの高さに手を置く

1. まず、結びたい高さで髪をざっくりひとつにまとめます。今回は、うなじ辺りの低い位置で、首に沿わせるように手を置きます。※高めのひとつ結びをする場合は、「ポニーテールの結び方」を参照。
 
トップからブラシを当てる

トップからブラシを当てる

 2. ブラシを使って表面を整えます。ブラシをトップの高い位置から当てましょう。
 
髪を押さえながら毛先をとかす

髪を押さえながら毛先をとかす

3. 片手でぎゅっと押さえながら、毛先の方に向かってとかします。両サイドも同様に、耳上あたりから手の平に集めるようにとかします。
 
クシで同じように整えます

クシで同じように整えます

4. ブラシがない方はクシでもOKです。同じように、トップから毛先をとかしましょう。
 
はじめの位置でもう一度ぎゅっと押さえる

はじめの位置でもう一度ぎゅっと押さえる

5. うなじの位置で、根元をギュッとしっかり押さえます。頭皮から、できるだけ浮かないように気をつけて下さい。
 
ゴムを通した方の手で持つ

ゴムを通した方の手で持つ

6. ゴムを利き手の手首に通し、毛束をギュッと持ちます。右利きの方は、右がやりやすいです。
 
逆の手でゴムを引っ張る

逆の手でゴムを引っ張る

7. 逆の手でゴムを引っ張り、毛先を抜きます。毛束が緩まないように注意しましょう。
ゴムをクロスする

ゴムをクロスする

8. バッテンができるように、ゴムを1回ねじってクロスします。
 
ゴムの下側に手を当てる

ゴムの下側に手を当てる

9. ゴムの下側に手を当てます。クロスの輪っか部分に手を通して、毛束を持ちます。
毛束を持ちかえ、逆の手でゴムを引っ張る

毛束を持ちかえ、逆の手でゴムを引っ張る

10. 逆の手でゴムを引っ張り、毛先を抜きます。緩まないようにゴムを引っ張りながら、先ほどのようにクロスします。
 
ゴムが緩まずしっかり止まったら完成

ゴムが緩まずしっかり留まったら完成

11. ゴムがしっかり留まるまでこれを繰り返し、縛り終えたら完成です! 緩いと崩れの原因になるので痛くない程度にしっかり結びましょう。
 

うまく一つ結びを仕上げるポイント

もしこのように毛束が緩んでしまったら、ヘアゴムをもう一重分きつくしてから、毛先を二つに分けて持ち、左右に引っ張ると緩みが取れます。
頭皮からゴムが浮いてたるんでいる状態

頭皮からゴムが浮いてたるんでいる状態

左右に引っ張るとゴムが上がります

左右に引っ張るとゴムが上がります

 

使用したヘアゴム

ヘアゴムには、「シリコンゴム」と「輪っかゴム」の2種類があります。小さな子供など、髪が細くて少ない場合はシリコンゴムでもOKですが、量が多めで長さもある場合には、輪っかのヘアゴムを選んだほうがしっかり結べます。今回は、ホールド感のある太めの輪っかゴムを使用しました。
しっかり結べる太めの輪っかゴム

しっかり結べる太めの輪っかゴム

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。