「ヘアゴム」「飾りゴム」できれいに髪を結ぶには?

時間が経つにつれて結び目がゆるんだり、髪の重みで下がったり、うまく髪がまとまらない……と悩んだことはありませんか?まずは、「ヘアゴム」「飾りゴム」の基本を学んで、簡単オシャレなバランスをつかみましょう! 単なる黒ゴムじゃさみしくても、飾りのついたゴムなら一気にあかぬけます。

ヘアゴムの基本の結び方

ヘアゴムの基本の結び方をマスターしましょう


ヘアゴムの使い方・基本の結び方

毛束はなるべく根元をもって

毛束はなるべく根元をもって

1. 出来るだけ根元付近を持ってささえる。


テンションをかけて

テンションをかけて

2. 毛束が固定されたら毛先を2つにわけて、しっかりテンションをかける。結び目ができるだけ根元にくるようにする。
毛束の根元をしっかりささえて

毛束の根元ををしっかりささえて

3. このベースとなるゴムが隠れるように飾りゴムをつける。見せたい位置を決めたら、飾りの部分が動かないよう左手でおさえ、飾りのついてないほうの端を持ってゆわく。
飾りは見える位置に

飾りは見える位置に


4.土台のゴムを隠しつつ、飾りが見えるように仕上げる。

難しいヘアアレンジは苦手、という方はぜひ飾りゴムを使ってヘアアレンジしてみてください。結び目の高さや位置を工夫するだけでも、雰囲気が変わります。基本をおさえてチャレンジしてみましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。