ピンだけでできる!伸ばしかけでも簡単なハーフアップアレンジ

髪を伸ばし中の女性にとって、肩にあたってハネてしまう事は悩みの1つですね。とくに肩から鎖骨くらいのボブからミディアムの方は大変なはずです。今回はそんな悩める伸ばしかけヘアをおしゃれに乗り切るヘアアレンジを紹介します。アメピンだけあれば簡単にできちゃうハーフアップ風ねじりアレンジなのでトライしてみて下さい!
伸ばしかけヘアをおしゃれに乗り切る簡単ヘアアレンジ

hair make WAKO


 ベースのスタイル

鎖骨くらいのミディアムレイヤー。パーマがかかっていない方は26ミリのアイロンで毛先をワンカール巻いておくアレンジしやすいです。
ローレイヤーミディアム

ローレイヤーミディアム


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:すべてOK

 ヘアアレンジのやり方

ハチ上の髪をザックリ分けとる

ハチ上の髪をザックリ分けとる

1. サイドのハチ部分からバックの真ん中くらいまで、V字になるように斜めに分けとります。

毛束をねじり上げる

毛束をねじり上げる

2. 分けとった髪をそのままねじり上げます。

キツめにねじると良い

キツめにねじると良い

3. さらに、キツめに2回転ねじり、中央に持ってきます。

アメピンでしっかり固定する

アメピンでしっかり固定する

4. ねじった毛束をアメピンで留めます。1本で留まらない場合はアメピンを数本使い、固定しましょう。写真では、分かりやすいように金ピンを使用していますが、実際は髪色に近い暗めのものを使用して下さい(※しっかり留めれてピンも隠れるやり方は「上手く仕上げるポイント」で説明していきます)。

トップの髪をつまんで引き出す

トップの髪をつまんで引き出す

5. トップの髪を親指と人さし指で少しづつ引っ張り、自然な丸みを出します。正面から鏡で確認して、自然な丸みが出るように整えましょう。

サイドの髪を後ろに向かってねじる

サイドの髪を後ろに向かってねじる

6. サイドの髪を耳後ろの位置で分けとり、3~4回転リバース方向に(後ろに向かって)ねじります。キツめにねじることで、顔まわりがタイトになりメリハリのあるスタイルに。ねじった毛束が1~3の工程でねじり留めた毛束に沿うようにすると、キレイに仕上がります。

ねじった毛束を中央で留める

ねじった毛束を中央で留める


7. 6でねじった毛束をアメピンで留めます。センターのねじった毛束の近くで留めるとキレイに仕上がります。ここでも、1本で留まらない場合はアメピンを数本使いましょう。

ねじれが3つできる

ねじれが3つできる

8. 逆サイドの毛束も同様にねじり留めると、このような状態になります。この時点でハーフアップ風になり、おしゃれな印象ですね。

耳後ろの髪をキツめにねじる

耳後ろの髪をキツめにねじる

9. えり足の髪を残し、耳後ろ~ボンのくぼの上の髪を2~3回転ねじりアメピンで留めます。

逆側もキツめにねじる

逆側もキツめにねじる

10. 9の工程と同様に逆側もねじり、ピンで留めます。

ねじり終えて仕上がった状態

ねじり終えて仕上がった状態

11. ねじれが5つでき、重なり合うことでこなれた印象に仕上がります。

 上手く仕上げるポイント

今回のアレンジではピニングの仕方が大切です!ピンを隠しながら、しっかり固定する方法を紹介します。マスターするとアレンジの幅が広がるテクニックですので挑戦してみて下さい!
アメピンをしっかり開いて直角にさす

アメピンをしっかり開いて直角にさす

1. アメピンの先端が短くなっている方を頭皮に対して直角にさし、固定したいポイント(指で毛束をおさえてる所)の毛にかませます。ピンをしっかり開き、先端を持ちすぎず後ろの方を持ちましょう。

頭皮と平行になるようにピンを倒す

頭皮と平行になるようにピンを倒す

2.毛をかませたまま、頭皮と平行になるように倒します。片方の手で、ポイントを離さないように固定しておきましょう。

上に向かってアメピンを押し込む

上に向かってアメピンを押し込む

3.ねじれと同じ方向に上に向かってグッと押し込みましょう。アメピンが頭皮に当たっているくらいがちょうどよいです。

 サイド&正面

伸ばしかけヘアをおしゃれに乗り切る簡単ハーフアップ

hair make WAKO

伸ばしかけヘアをおしゃれに乗り切る簡単ハーフアップ

hair make WAKO

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。