伸ばしかけヘアを可愛くのりきるミディアムアレンジ

伸ばしかけの髪の悩みといえば『どうしても肩にあたってハネてしまう』ことですね。そんな伸ばしかけヘアを可愛くオシャレにのりきるためには、ヘアアレンジを上手にとり入れることが大切です。今回はミニお団子を組み合わせてシニヨン風に見せる簡単アレンジを紹介します!
hair make WAKO

hair make WAKO


 

 ベースのスタイル

鎖骨下のローレイヤーミディアム
a

32ミリのアイロンで毛先をワンカール巻いておくとスタイリングしやすくなる


 

 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
髪量:やや少ない~多い
クセ:すべてOK

 ヘアアレンジの方法・やり方

a

スライス線はざっくりと分けとると良い


 
1. ハチ上と両サイドを耳後ろの位置で分け、4ブロックにし、ダックカールで仮留めします。
上から下に毛先をくぐらせてくるりんぱ

上から下に毛先をくぐらせてくるりんぱ

2. 1で分けとったハチ上の髪をシリコンゴムで結び“くるりんぱ”します。頭皮から3~4センチ離して結び、毛束の真ん中に穴を開け上から下に毛先をくぐらせます。

くるりんぱした毛束で輪っかをつくる

くるりんぱした毛束で輪っかをつくる


3. 2で“くるりんぱ”した毛束をゴムの結び目付近で折り返します。輪っかをつくり、そのまま結び直します。
小さいお団子風の輪っかができる

小さいお団子風の輪っかができる


4. ハチ下のセンターの髪もシリコンゴムで結び、小さいお団子風の輪っかをつくります。たるみが出ないようにきつめに結ぶと良いです。
a

センターの2つのお団子の近くで結ぶと良い


 

5. 両サイドの髪も4の行程と同様にシリコンゴムできつめに結び、お団子風の輪っかをつくります。
a

最初に“くるりんぱ”してつくったお団子は、ねじれの下に輪っかができる


 
6. 小さいお団子風の輪っかが4つできます。
a

アメピンを数本使いしっかりと固定すると良い


 

7.  4つのお団子風の輪っかが隣り合うように中心に集め、輪っかの部分を頭皮に沿わせるようにアメピンで固定します。そうするとシニヨンのようなシルエットになります。今回は分かりやすいように金ピンを使用していますが、アレンジする際は目立たない色のアメピンを使用して下さい。
a

鏡で確認しながらすると失敗しない


 
8. トップの髪を指で少しづつ引っ張り高さを出します。

 上手く仕上げるポイント

4つのお団子の中心に向かって隙間をうめるように集めると、シニヨンのようなシルエットになります。輪っかを片方の手でしっかりと頭皮に沿わせるようにおさえ、アメピンで固定するとキレイに仕上がります。
a

 合せ鏡で確認しながらすると、失敗しない


 

サイド&バック 

hair make WAKO

hair make WAKO


 
hair make WAKO

hair make WAKO


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。