飾り付きヘアゴムの結び方!超基本の方法を解説

ひとつ結びしただけで簡単にかわいく仕上がるアクセサリー付きのゴムは、子供から大人まで人気のあるヘアアレンジの必須アイテム。リボンやビーズ、モチーフやポンポンが付いたもの、アクセサリーが1つだけのタイプから2つ付きのタイプまで、デザインや種類も豊富です。

ただ結ぶだけではなく、髪の量やアクセサリー付きゴムの種類によっても、縛り方は変わってきます。今回はそんな飾り付きゴムの基本的な結び方や、髪の毛の量、髪ゴムの種類によって使い分ける方法をご紹介します。お子さまにも喜ばれる、簡単ですぐにできるやり方なので、挑戦してみてください!
飾り付きヘアゴムのきれいな結び方

hair&make WAKO(anti)

   

 ベースのスタイル

前髪ありのミディアムワンレングス。長さは肩下あたりです。
肩下のワンレングス

肩下のワンレングス

 

ヘアゴムのまとめ髪のおすすめのタイプ

顔型:すべてOK   
髪質:すべてOK
毛量:すべてOK
クセ:すべてOK
 

飾りが1つ付いたヘアゴムの結び方

髪飾りが1つ付いたヘアゴムの場合は、「ヘアゴムを毛束に通す」やり方と、「ゴムを毛束に巻きつける」やり方の2つがあります。

毛束に通す方法が、最もシンプルでしっかり結びやすいですが、アクセサリーの位置がずれないようにするには少々コツが必要です。一方で、巻きつける方法は、アクセサリーがズレたりしてくる心配がないので、飾りの位置が決まりやすくおすすめです!
hair make WAKO

hair make WAKO

 

【基本編】ヘアゴムを毛束に通す結び方

たるまないように毛束を持つ

たるまないように毛束を持つ

1. 毛束がたるまないように注意しながら、結びたい位置で髪をまとめます。今回は低めの位置で結びます。
 
アクセサリーを押さえながらゴムをねじる

アクセサリーを押さえながらゴムをねじる

2. 毛束に輪っかゴムを通し1回ゴムをねじります。この時にアクセサリーの位置を決めます。アクセサリーがズレないように、毛束と一緒に持つと良いでしょう。
 
たるまないように注意しながらゴムに毛束を通す

たるまないように注意しながらゴムに毛束を通す

3. ねじったゴムに毛束を通します。毛束をゴムにくぐらせたら、左手で持っていた毛束を右手に持ち替え、今度は左手でゴムをねじります。
 
3~4回繰り返すとゴムがきつくなる

3~4回繰り返すとゴムがきつくなる

4. ゴムがきつくなるまで、同じ工程を繰り返します。アクセサリーの位置がズレないように気をつけながら3~4回繰り返し、しっかり固定されたら完成です。

 

【中級編】ヘアゴムを巻きつける結び方

親指でアクセサリーを押さえながら毛束を持つ

親指でアクセサリーを押さえながら毛束を持つ

1. 左手で毛束を持ちながら、髪と親指の間にゴムを挟みます。親指の上側にアクセサリー部分をのせることで、ズレにくくなります。
 
ゴムを毛束に巻き付ける

ゴムを毛束に巻き付ける

2. 右手でゴムを持ち、毛束に巻きつけていきます。ズレないように、左手でしっかり固定させておきましょう。
 
腕が交差したら、一旦手を離す

腕が交差したら、一旦手を離す

3. そのまま時計回りに巻きつけていくと、腕が交差して巻きつけられなくなるので、左手の人さし指の付け根と髪の間にゴムを挟んでおきます。しっかり挟めたら一旦、右手を離します。
 
ゴムを持ち替えて、引っ張りながら巻きつける

ゴムを持ち替えて、引っ張りながら巻きつける

4. 左手の上に右手を交差させるようにしてゴムを持ち直し、そのまま巻きつけていきます。ゴムをきつめに引っ張りながら、巻きつけていきましょう。

髪の量やゴムの長さや伸縮にもよりますが、市販のものであれば2~3周巻き付けるのが目安です。
 
アクセサリー部分にゴムを引っ掛けて固定

アクセサリー部分にゴムを引っ掛けて固定

5. ゴムが伸びなくなるまで巻きつけたら、アクセサリー部分にゴムをくぐらせて完成です。まとめた毛流れも崩れず、きれいに仕上がります。
 

飾りが2つ付いたヘアゴムの結び方

上記で紹介したように、毛束に通して結んでも良いですし、巻きつけて結んでも良いです。大きな違いは仕上がりの際、「くぐらせて留める」やり方のほかに、アクセサリー同士を「ねじって留める」やり方があります。ねじって留めるやり方は、外す時にワンタッチで簡単に外せるので、お子さまのヘアアレンジにもおすすめです!
hair make WAKO

hair make WAKO

 

【中級編】ゴムをくぐらせて留めるやり方

玉の位置がセンターに来るように親指で押さえる

玉の位置がセンターに来るように親指で押さえる

1. 毛束を結びたい位置でまとめます。毛束を持ちながら、髪と親指のあいだにゴムを挟みます(※今回は、両サイドに玉のモチーフがついたものを使用します。片方の玉が親指の上側にくるように持ってください)。
 
ゴムを毛束に巻き付ける

ゴムを毛束に巻き付ける

2. 上記の「巻きつけて結ぶやり方」と同様に、時計回りにゴムを巻きつけていきます。
ゴムを引っ張りながら巻き付けて

ゴムを引っ張りながら巻き付けて

3. ゴムが伸びなくなるまで、きつめに巻きつけていきます。
 
飾り部分にゴムを引っ掛けて留める

飾り部分にゴムを引っ掛けて留める

4. もう片方の玉に、ゴムをくぐらせて引っ掛けるようにして留めます。これで完成です。

 

【応用編】ゴムをねじって留めるやり方

クルクルねじる

玉の部分をクルクルねじる

1. 先ほどと同じ手順で、ゴムが伸びなくなるまで、しっかり毛束に巻きつけていきます。玉同士が隣り合ったら、時計回りに2~3回転ねじり合わせます。
 
ねじるだけで簡単に留まる

ねじるだけで簡単に留まる

2. ねじり終わったら、玉同士が隣り合うように整えて完成です。今回は玉のモチーフのアクセサリーですが、他のモチーフのものでも同じように留まります。外す時も反時計回りにねじれば、簡単に外せるのでお子さまのヘアアレンジにもおすすめです。

 

さらにきれいに仕上げるなら「シリコンゴム」のダブル使いで!

髪の量が多い方やしっかり固定したい方は、ベースにシリコンゴムで一旦結んでおき、その上からアクセサリーゴムを結ぶと、しっかり固定することができます。
hair make WAKO

hair make WAKO

 使用したヘアゴム

ヘアゴムといっても、髪留め用の輪っかゴムから、お花やリボン付き、スカーフ付き、チャームやビーズ、パール付きヘアゴムまで、種類はさまざま。今回はシリコンゴムと、シンプルで大人っぽいアクセサリー付きゴム、子供にも似合うポンポン付きヘアゴムを使用しました。
すべて100円均一で購入できます

すべて100円均一で購入できます
 

関連記事

簡単!輪っかのヘアゴムで髪の毛をきれいに結ぶ方法
【保存版】不器用でも絶対できる!ヘアゴム・へアピンの上手な使い方
シュシュ&ヘアゴムをハンドメイド!簡単な作り方
ヘアゴム1つで簡単!時短ヘアアレンジ&まとめ髪
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。