簡単便利!ひとつ結びのヘアゴムを隠す基本のやり方

暑くなってくると、ひとつ結びやポニーテールにする機会も多くなります。でも、ヘアゴムで結んだだけだと手抜きに見えたり、ゴムの結び目や根元が目立って、あまりおしゃれではありませんね。そんなときに使える、ヘアゴムを毛束でキレイに隠す簡単な方法をレクチャーします。このひと手間を加えるだけで、こなれて見えてアレンジ上手に見えますので、ぜひとり入れてみて下さい。
ゴムの結び目を髪の毛で隠す方法

Hair Make RIKUSHI

ベースのスタイル

セミロングのゆるウェーブスタイル。ストレートの方は32mmのアイロンで中間からMIX巻きをしておくとやりやすいです。
ゆるウェーブのセミロング

ゆるウェーブのセミロング


 

おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
クセ:ストレート~やや強め
毛量:すべてOK
髪質:すべてOK

ヘアアレンジのやり方・結び目の隠し方

下から持ち上げるように

下から持ち上げるようにすると、キレイなウェーブがでやすい

1. 手のひらにソフトワックスをしっかりと伸ばし、中間~毛先を下からふんわり握り持ち上げながらワックスをもみ込みます。

ざっくり手ぐしを通しながら

ざっくりまとめると、ラフで今っぽい仕上がりになる

2. ざっくりと手グシを通しながら一つにまとめます。コームなどを使うとタイトになり過ぎてしまうので手グシでまとめることがPOINTです。

ふんわり一つにまとめる

ふんわり一つにまとめてから、ヘアゴムでキツめに結ぶ事でラフな印象でモチも良くなる


 
3. ポニーテールの要領で耳くらいの高さで一つにまとめ、シリコンゴムでキツめに結びます。
少しずつ指でつまみながら

トップに丸みが出ると仕上がりのバランスが良くなる

4. トップの毛を指でつまみ少しづつ引っ張り、トップに高さを出します。

中心が1cm以下が目安

利き手側から毛束を分けとると、やりやすい

 
5. 3で結んだ毛束から1センチ幅くらいの毛束を右端から分けとります。ヘアゴムが太めの場合は、もう少し多めに毛束を分けとると良いです。

ポニーテールの下を通す

ヘアゴムにぴったりと沿うように巻きつけると良い

6. 5で分けとった毛束をヘアゴムが隠れるように結び目に巻きつけます。右手で持っていた毛束をポニーテールの下を通して左手に持ち替えます。

毛束がたるまないように巻きつける

毛束がたるまないようにキツめに巻きつける


 

7. 更に毛束を巻きつけていきます。ヘアゴムが隠れるようにゴムの上を通しつつ左手で持っていた毛束を右手に持ち替えます。

ポニーテールの下を通す

ポニーテールの下を通す


8. ポニーテールの下を通し、左手に持ちかえます。同じ工程を繰り返して毛先まで巻きつけていきます。

ピンが表面に見えてしまっている

NG例ピンが表面に見えてしまっている状態

 
9. 毛先まで巻きつけたら、小さいアメピンで留めます。ただし、このように表面で留めてしまうとアメピンが丸見えになってしまいますので、見えないように留めていきます。
根元に向かう方向でピンを刺す

下側の位置で留めるとアメピンが隠れる

10. 片方の手で巻き終わった毛先をおさえ、結び目の下側(首側)の位置で小さいアメピンで留めます。下から根元に向かうようにアメピンを押し込みます。

土台を少しすくって刺す

頭皮に向かって押し込むように留めると良い

11. アメピンを刺すとき、土台のポニーテールの部分も少しすくいながら、頭皮に向かって押し込むとしっかり留まります。目立たない位置であればアメピンを数本使い、しっかりと固定しても良いです。

上手く仕上げるポイント

結び目に毛束を巻き付ける際、あまりにも毛束が太すぎるとアメピンで固定する際に留まりにくくなり、アレンジのモチも悪くなるので要注意。ゴムの太さにあわせて、毛束の量を調節しましょう。
太すぎるとやりずらい

ゴムの太さに合わせて、隠れるくらいの分量に調節すると良い

サイド&バック

ゴムの結び目を髪の毛で隠す方法

Hair Make RIKUSHI

ゴムの結び目を髪の毛で隠す方法

Hair Make RIKUSHI


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。