こなれ感たっぷり!ボブヘアの簡単ひとつ結びヘアアレンジ

ボブヘアで簡単ひとつ結びアレンジ

hair&make KAORI(anti)

ひとつに結んだだけなのに、なぜかおしゃれに見えるヘアアレンジの秘訣って? それにはちょっとしたコツがあるんです!「崩し方」「後れ毛」のうまくいくポイントを解説します。こなれ感たっぷりのヘアスタイルに仕上げる、簡単なひとつ結びテクニックをマスターして下さいね。  

ベースのスタイル

肩すれすれのワンカールボブやミディアムにおすすめ。直毛の人はアイロンで巻いておくとアレンジしやすくなります。
肩すれすれのワンカールボブ

肩すれすれのワンカールボブ

 

おすすめのタイプ

顔型: 丸 卵 ベース 面長 逆三角
髪質: 柔らかめ~かため
髪量: すべてOK
クセ: 無し~ややあり
 

ヘアアレンジの方法・やり方

根元から巻き付けていく【ボブで簡単ひとつ結び】

根元から巻き付けていく

1. ベースを作ります。26ミリのアイロンで毛先にカールをつけた後、表面に根元からしっかりウェーブをつけます。
表面に根元からのウェーブをつけた状態

表面に根元からのウェーブをつけた状態

2.表面の髪を巻き終わった状態がこちら。根元からくっきりとウェーブがついています。
ざっくり手ぐしで崩す

ざっくり手ぐしで崩す

3. 手ぐしで髪全体に空気を入れるイメージでカールを崩します。
ヘアワックスを表面に揉みこむ

ヘアワックスを表面に揉みこむ

4. セミマットワックスをごく少量なじませます。1カ所に固まらないように、手のひらに薄く伸ばしてから揉みこんでください。毛先だけでなく、表面にもつけていきます。
透け感が残る程度に後れ毛を残す

透け感が残る程度に後れ毛を残す

5. 顔周りと、耳後ろ、うなじの3カ所に後れ毛を残します。あまり量を多く取りすぎると、透け感がなく重くなってしまうので、少し肌が透けるくらいの量にするのがポイントです。
ゴムでひとつに結ぶ

ゴムでひとつに結ぶ

6. ゴムで一つに軽く結びます。結び目の位置は、真ん中あたりがベストバランス。
指先で少しずつ引き出す【ボブで簡単ひとつ結び】

指先で少しずつ引き出す

7. 表面をルーズに崩していきます。少しずつつまんで引っ張りだしてください。
トップと表面の毛束を崩す【ボブで簡単ひとつ結び】

トップと表面の毛束を崩す

8.トップと表面の毛束をランダムに崩していきます。(この後うまく引き出すポイントを解説します!)
ピンは縦に差し込む【ボブで簡単ひとつ結び】

ピンは縦に差し込む

9. ゴムを毛束で隠します。結んだ毛束から、少量わけとり根元に巻き付けます。アメピンを結び目に対してたてに差し込むことで隠れます。
 

うまく仕上げるポイント

表面の崩し方のポイントは、図のように互い違いに細めに引っ張り出すことです。一度にたくさん引っ張り出してしまうと、「ルーズ感」というより「ボリューム」に見えてしまうので注意してください。特に、ハチ周りはボリュームを出さないことが小頭にみせるコツです!
互い違いになるように

引き出すポイントが互い違いになるように

 

サイド&バック

ボブヘアで簡単ひとつ結びアレンジ

hair&make KAORI(anti)

ボブヘアで簡単ひとつ結びアレンジ

hair&make KAORI(anti)


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。