ボブヘアでもできる!ゴム2つで簡単こなれローハーフアップ

流行中のボブヘアは、毎日のお手入れも簡単でおしゃれにキマるので大人気! ロングヘアからイメージチェンジされた方も多いと思います。ただ、肩より上の長さだと、どうしてもアレンジしにくくなりスタイルがマンネリ化してしまいがち……。そんなボブヘアでも楽しめる、低めのハーフアップアレンジを紹介します。ゴムさえあれば簡単にできて、オフィスでもデイリーでも使えるのでトライしてみてください!
ボブヘアでもできる!ゴム2つで簡単ローハーフアップ

hair&make WAKO(anti)


ベースのスタイル 

長め前髪で、あご下レングスの前下がりボブスタイル。
あご下レングスのボブヘア

あご下レングスのボブヘア


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:なし~ややあり

ヘアアレンジの方法・やり方

V字になるようにざっくり分ける

V字になるようにざっくり分ける

1. サイドのハチ部分~後頭部の真ん中の位置まで、V字になるようにざっくり分けとります。

髪色に近いゴムで結ぶ

髪色に近いゴムで結ぶ

2. 分けとった髪をシリコンゴムで結びます。 ゴムは髪色になじむものを選びましょう。

毛束の真ん中に穴を開けてくるりんぱ

毛束の真ん中に穴を開けてくるりんぱ

3. 結んだ毛束をくるりんぱします。 真ん中に穴を開け、上から下に毛束を通しましょう。

トップの毛束を引き出す

トップの毛束を引き出す

4. トップを指で少しずつ引っ張り、高さを出します。 自然な丸みが出るように、シルエットを整えて。


同じ量になるように4等分する

同じ量になるように4等分する

5. 画像のようにサイド~バックの耳上の髪を4等分します。毛束の量が同じくらいになるよう、分けとりましょう。次の工程で、この毛束をねじり編みしていきます。

後ろに向きに2回転ねじる

後ろに向きに2回転ねじる


6. まず【A】の毛束を後ろに向かって、リバース方向に2回転ねじります。

【B】の毛束を前に持ってくる

【B】の毛束を前に持ってくる

7. ねじった毛束が緩まないように気をつけながら、【B】の毛束を取ります。

【A】の毛束に【B】の毛束を足す

【A】の毛束に【B】の毛束を足す

8.  【B】の毛束を【A】の毛束の下からクロスさせ、1つの毛束にします。【A】【B】の毛束をクロスさせる際は一旦、片方の手で両毛束を持つと上手くいきます。

【C】の毛束を足してねじる

【C】の毛束を足してねじる

9.  同様に【C】の毛束を足して、リバース方向に1回転ねじります。 ねじれた毛束を頭皮に沿わせるようにするときれいです。


【D】の毛束を足してねじる

【D】の毛束を足してねじる

10.  【D】の毛束も同様にねじり足します。 耳上にねじれた毛束ができてきます。

ダッカールで仮留めする

ダッカールで仮留めする

11. ねじり終わった毛束をダックカールで仮留めします。 ここで緩まないように、しっかり留めておきましょう。


逆サイドも同様にねじる

逆サイドも同様にねじる

12. 逆サイドも同様にします。 なるべく左右対称になるようにねじっていきましょう。

中央で毛束を合わせてゴムで結ぶ

中央で毛束を合わせてゴムで結ぶ

13. 両方の毛束をシリコンゴムで結びます。ここではまだ、ゴムの結び目が見えている状態。

上から下に毛束を通してくるりんぱ

上から下に毛束を通してくるりんぱ

14. 毛束に穴を開け、上から下に通してくるりんぱします。

毛束を入れ込んで結び目を隠す

毛束を入れ込んで結び目を隠す

15. 毛束をしっかり入れ込んだらできあがり。くるりんぱをすることで、画像のようにゴムの結び目が目立たなくなります。

上手く仕上げるポイント 

仕上がりの際、ねじった毛束を少量つまんでほぐしておくと、ふんわりとやわらかさが出ます。鏡を見ながら、少しずつ引っ張ってバランスを整えましょう。
鏡で確認しながら少しずつすると失敗しない

鏡で確認しながら少しずつすると失敗しない


 正面&サイド

ボブヘアでもできる!ゴム2つで簡単ローハーフアップ

hair&make WAKO(anti)

ボブヘアでもできる!ゴム2つで簡単ローハーフアップ

hair&make WAKO(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。