身体を温める効果絶大!シーフード界の「ホット番長」

身体を温め、エイジレスビューティーを目指せるエビ

身体を温め、エイジレスビューティーを目指せるエビ

冷えは万病のもとといいますが、それだけではなく美容の大敵!免疫力が落ちて血液の循環が悪くなり、肌荒れや顔色のくすみなど肌トラブルの原因に。また代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

中医学では、すべての食材は身体を温めたり、冷やしたりする性質があるとしています。具体的には「温熱性」、冷やす「寒涼性」、どちらでもない「平性」に分けられます。冷えを解消するには、温熱性の食材を取り入れることが大切です。

えびは温熱性。魚介類で最も身体を温めてくれる効果が高い「キング・オブ・暖房系シーフード!」 。冷え女子は、魚介類を選ぶときは、シーフード界のホット番長をお忘れなく。

アンチエイジングにお役立ちの「若返りシーフード」

中医学でアンチエイジングの要となるのが、「腎」とよばれる臓器。腎は老化とのかかわりが深く、ひとの成長や発育、老化をつかさどり全身のエネルギーをためる働きを持っています。ここが弱ると、シワや白髪が増え、足腰が弱る・・・・・・と「おばあちゃん化」が加速してしまいます。

エビは腎のパワーをアップしてくれる食材。コンスタントに取り入れて時計の針をねじ回ししましょう

疲労回復におすすめ。エビでパワーアップ!

エビは、気を補ってくれる食材。気とは、全身のいたるところを流れている目には見えないエネルギー。気が不足すると、疲れやすい、集中力がない、免疫力が下がって風邪をひきやすいといった症状が現れます。エビはすみやかに気を補い、パワーアップに役立つのです。

次のページではエビを使ったお手軽薬膳レシピを紹介します。