根菜とシーフードのコンソメ湯豆腐

所要時間:30分

カテゴリー:湯豆腐

 

根菜とシーフードのコンソメ湯豆腐

通常は和風のだしで頂く湯豆腐を、コンソメベースで仕上げてみました。根菜とシーフードから出る旨み成分がよく豆腐に染み渡っています。根菜を飾り切りにして冬仕様にしてみました。あったか料理の定番に洋風湯豆腐、加えてください。

根菜と魚介のコンソメ湯豆腐の材料(2人分

材料
木綿豆腐 150g
大根 120g
にんじん 70g
セロリ 60g
あさり 冷凍むき身 60g
むきエビ 冷凍むきエビ 60g 
れんこん 30g
3カップ
コンソメ 5g
ローリエ 1枚
しらたきやきのこ類、玉ねぎやじゃがいもを入れても美味しいです。でんぷん質が多い野菜はあまり煮崩れないようにしてください。スープが濁ってしまいます。

根菜と魚介のコンソメ湯豆腐の作り方・手順

作り方

1:野菜を切る

野菜を切る
大根は皮をむき幅2cmの半月型、にんじんは皮をむいて乱切りに、セロリは薄く皮をむいて4cmの長さに切ります。れんこんは皮をむいて5mm幅に輪切りにします。断面の外側の穴の上を1cm程カットしていくと雪の結晶型になります。

2:鍋で野菜を煮る

鍋で野菜を煮る
鍋に水とコンソメ、野菜をすべて入れて火にかけ、大根が大方柔らかくなるまで煮ます。

3:シーフードと木綿豆腐、ローリエを入れる

シーフードと木綿豆腐、ローリエを入れる
あさり、むきエビ、2等分に切った木綿豆腐、ローリエを入れてさらに5分程煮ます。
アクが出た場合はまめにすくってください

ガイドのワンポイントアドバイス

大人数で鍋を囲んで食べてもokです。ボリューム感を出したい場合はお肉や白身の魚を入れ込んでも良いでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。