腸内環境を整えてポッコリお腹を解消しよう

栄養のバランスを考えた食事内容が、美腹には大切です

栄養のバランスを考えた食事内容が、美腹には大切です

朝晩の冷えを感じる季節は、温かいスープやこってりとした濃厚なホワイトソースなどが食べたくなる人も多いかもしれません。これは秋になるとセロトニン分泌量が減少するためと考えられています。セロトニンの分泌を促すためには、乳製品、肉類、糖質の摂取が効果的と言われているので、秋から冬にかけては太りやすい食事を好む傾向が強くなります。
(※セロトニン:心臓機能や代謝、呼吸などを管理する自立神経を調節し、心身ともにヘルシーな状態に保ってくれるホルモンであり、日光にあたった時間によって分泌量が調整される)

しかもこのセロトニンは、最近の研究結果から、「セロトニン」の9割以上は、『脳』ではなく『腸』から出ていることが判明したのです。心の働きをコントロールする「セロトニン」は、脳内の神経伝達物質の1つとして知られていますが、実はその95パーセントは腸の蠕動とともに分泌されています。「腸が蠕動する→セロトニンが分泌される→心が安定する」。つまり、腸の動きが不安定になるとストレスが溜まり、暴飲暴食やウツへ発展するとまで考えられています。

簡単にセロトニンを分泌させるには?


■お腹を温め、腸を温める
腸は熱を持つと幸せを感じて「セロトニンをだそう!」と脳に伝達します。普段から温かい飲み物を飲んで身体を温める食事をすることは、身体にとっても精神を安定させるためにも大事なコトなのです。

■ 『偏食』はセロトニン分泌を妨げる
同じものばかり食べていると、体温調整がスムーズに行えなくなり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、暴飲暴食傾向になると言われています。

■『腹筋』を鍛えて熱を作る
腹筋が低下すると、脂肪が増えて逆にお腹は冷えてしまいます。筋力は熱を作ってくれますし、腹圧を高めると便秘解消にも効果的です。

では、実際に次のページで腹筋をつけるスモールボールを使ったエクササイズをご紹介します。