猿にまつわることわざ、慣用句

冬場になると温泉に猿が浸かる、地獄谷野猿公苑(長野県)

冬場になると温泉に猿が浸かる、地獄谷野猿公苑(長野県)

・犬猿の仲/犬と猿
非常に仲が悪いことのたとえ。

・犬猿もただならず
仲が悪いとされる犬と猿より、さらに仲の悪いこと。

・猿に絵馬
猿が馬の守護神とされていたことから、取り合わせのよいもののたとえ。

・猿に烏帽子
猿に烏帽子をかぶせたように、柄にもないこと、その人にそぐわない改まった言動などのことをいう。また、見かけばかりで、中身の伴わないことのたとえ。

・猿知恵
気が利いているようでも、実は浅はかな知恵のこと。まぬけな知恵。

・猿も木から落ちる
木登りの得意な猿でも、時には落ちることがある。その道に優れた人でも、時には失敗することがあるというたとえ。

・猿の尻笑い
自分のことを棚に上げ他人を嘲笑うこと。猿は自分の尻が赤いのがわからず、他の猿の尻を笑うということから。

・見ざる聞かざる言わざる
都合の悪いことや余計なことは、見ない、聞かない、言わないほうが良いということ。

・意馬心猿(いばしんえん)
走り回る馬や騒ぎ立てる猿のように、煩悩や欲望が激しく、心の乱れを抑えられないことのたとえ。

・猿猴(えんこう)が月を取る
猿が井戸に映った月を取ろうとして水におぼれたという故事から、身の程知らずの望みを持ったばかりに、失敗することのたとえ。

沐猴(もっこう)にして冠す
沐猴とは猿のこと。猿が冠をかぶって気取っていても中身は猿だという意味から、見かけは立派だが、心が卑しく思慮分別に欠ける人物のたとえ。粗野な人間をあざけるときにいうことば。


<関連記事>
それで大丈夫?年賀状の賀詞(決まり文句)
十二支…なぜねずみが1番なの?
なぜ「明けましておめでとう」なのか
もっと!年賀状を楽しむ方法
正月行事の由来と過ごし方
干支と相性、あなたを守る「向かい干支」
喪中はがきに「年賀状はほしい」と書かれていたら



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。