スマホの見すぎが、肩こり&首なし姿勢の原因に!

舌の位置、顔の位置を意識してたるみを撃退しよう! 

舌の位置、顔の位置を意識してたるみを撃退しよう! 


スマホを見るときなど、下を向く姿勢を取ると、顔が前へ突き出し、その顔を支えようと首に負担がかかってしまいます。要するに姿勢の悪い人は、常に頭の重心が前にある状態なのです。

そしてその姿勢を正そうと無理に背筋を伸ばしたり、前すぼみな肩にならないように胸を張ってみたりしますよね。すると逆に肩が凝ったり、余計疲れてしまうので結局続かない……そう、私自身もそうでした。

そしていつの間にか慢性的な肩こりになり、顔を前に突き出しながら歩く「首なし姿勢」の状態になります!  

たるみだけでなく「くすみやシワの原因」にも……

この「首なし姿勢」になると、首への過剰な負担により、それに伴って顔の筋肉が下に引っ張られ、さらに頭蓋骨も下へ下がっていきます。

ここまでになると、顔のたるみもさることながら、顔への血液循環も悪くなり、肌がくすんだり、おでこの横ジワが入るようにもなることも……。姿勢が悪いということは見た目が悪いだけでなく、女性にとっては美容にも悪影響をもたらすので、まさに百害あって一利なし!
 

たるみ撃退! 境式・ナチュラル姿勢矯正方法

少し上を向いて首が楽チンに感じる角度がベスト

少し上を向いて首が楽チンに感じる角度がベスト


1、顎を少し上げる
(イメージは遠くを見渡すような顔の角度くらい)
※ベストな角度になると、頭が首にしっかり乗って安定します。

2、舌の先で上あごを押す
※上の歯の裏から上あごをツーっと辿っていき、上あごがちょうど凹んだところを舌で押します

そう、たったこの2点だけでOK!驚くほど簡単なので常に行ってほしいものです。
特に、歩く時に顔が前に出てしまっている方が多いので、歩くときは必ず意識するように心がけましょう。
 

「舌の位置で頭を支える」のがたるみ撃退のポイント

口を閉じて上を向くと、頭を安定させようと自然と舌先が上顎骨(上あご)を押している状態になりますよね。頭の重心を背骨に乗せてあげると、腹筋が使われて姿勢が良くなります。

一般的にはあまり知られていませんが、舌はただ味を感じる役割だけでなく、頭を支えている、とっても大切な体の器官なんだそう。
舌にこのような役割があるということを歯科医の先生にお伺いし、私も驚きました。
 

舌には、首を固定したり緩ませたりする役割がある

わざと猫背の姿勢になり、顎を少し上げて舌を上あごにくっつけてみてください。
首が上がりづらく、違和感や痛みを感じる人も多いでしょう。

逆に、上体を前へ倒し、前屈してみてくだい。限界まで曲げたら、今後は舌をベーっと出してみましょう。するとどうですか?限界まで前屈した上体が、さらに曲がることに気付くと思います。

要するに、舌には首を固定したり上体を緩ませたりする機能があり、姿勢ととても密接な関係にあります。
 

舌の位置を意識することが、たるみ・小顔ケアで重要

舌で上あごを押していると、小顔効果があるので、小顔ケアの為にサロンへいらっしゃるお客様へのホームケアとしても、「日頃から舌で上あごをしっかり押してください」とお話しています。

頭蓋骨は縫合線により骨と骨を連結させており、その縫合線を緩めて骨を動かすことが可能です。上顎骨はお顔の中心部にあり、顔や体の歪みに欠かせない骨と言われています。

そこを押し続けることで、顔の中心部が上がり、立体的な顔になるとともに、ケアの効果が持続しやすくなります。

また私自身が驚いたのは、上向きを意識し始めて約2週間で首のシワがとっても薄くなったことです!そして肩こりがかなり楽になりました。
 

顔と舌の位置を上向きに!たるみと悪姿勢とサヨナラ

頭の重心が前にある人は、それを受けて膝と股関節が曲がってしまい、O脚にもなりやすいのです。姿勢が脚の形にも影響があるなんて恐ろしいですよね。

美容と健康と見た目のためにも、今日から舌で頭を支えながら上を向いて歩いていきましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。