疲労やストレスは身体のみならず、顔面にも表れます。特に精神的な疲労は、顔の筋肉を痙攣・委縮させ、表情表出する際に違和感を覚えることがあるなど、美容にも悪影響です。ただ、症状が出てからケアするのでは遅いので、日常生活に潜む顔面疲労の原因を紹介しながら、すぐに始められる簡単セルフケアの解消法もお伝えします。

 

顔のこわばりには社会的要因も起因

顔のこわばりは日常のストレスが原因なことも

顔のこわばりには日常のストレスが関係している

日常で、ストレスの慢性要因のひとつとして真っ先に挙げられるのが通勤ラッシュ。気持ちよく朝を迎えられたはずなのに、改札口からホームまでの階段やエスカレーターで人とぶつかったり、満員電車内で押し潰されそうになったり、ギュウギュウの座席で隣の人に不快な表情をされたり……。これらをイメージしただけでも何だかネガティブな気持ちになってしまいます。

また、現代社会において、PC・スマホの使用は日常茶飯事です。集中し過ぎて、ふと気づくと暫く眉間に皺を寄せた「しかめっ面」だったり、ずっと無表情だったなど、という経験はありませんか? 顔面疲労にこれらの社会的要因が加わると、加齢・老化による衰えだけでなく、心の健康まで脅かしかねません。さらに、いつの間にか表情が強張り、怒っていないのに「怒っているのかしら?」と周囲にも心配をかけてしまいます。
 

顔に違和感…こわばりの具体例

では、顔にどのような疲労反応が表れるのかというと…
・上瞼が重い、だるい
・すぐ眠たくなるようになった
・よく下瞼がピクピクする
・上唇挙筋(上唇と鼻翼を引き上げる筋肉)が思うように動かない
・無意識のうちに歯をくいしばったり、口元を引き締めている
・笑顔がひきつる
・無表情になりやすい
……など上記は一例で、まだまだあります。

このような疲労反応を放っておくと、顔面疲労そのものだけでなく、美容の面でも悪影響です。そこで、顔面疲労を予防する、今から簡単に取り組めるセルフケアをお伝えします。
 

セルフケア1: 顔ツボ指圧&ヨガ

二点指圧しながら、上瞼の筋力トレーニングを行います。

2点を指圧しながら、上瞼に力を入れ、薄目にします。

 

1. まず、中指を眉頭(眼の疲労が一番蓄積する攅竹)、人差し指を瞳子りょう(目尻の外側斜め下にあるわずかな骨のくぼみ)の上に置きます。

2. 丹田腹式呼吸を行い、息を吐きながら2点を指圧し、薄目(上瞼に力を入れる)でキープします。

3. 息を吸いながら、ゆっくり指を緩めます。

4. これを5セット繰り返します。

 

セルフケア2: 表情筋トレーニング

「ウ」「イ」

「ウ、イ」と発音をして、表情筋トレーニングに。

1. このトレーニングも丹田腹式呼吸と合わせて行います。顔を上げ、天井を見て、息を吐きながら顔全体の筋肉を使ってオーバーな表情で「ウー」と発声します。息を吐き出したら、息を吸いながら表情も戻します。

2. 次に、顔を上げたまま、息を吐きながら顔全体の筋
肉を使って、オーバーな表情で「イー」と発声します。息を吐き出したら、息を吸いながら表情も戻します。

3. これを5セット繰り返します。
 

生活習慣になりますように…

いかがでしたか? ストレスを蓄積してしまうと呼吸は浅くなりやすい傾向にあります。このセルフケアを行うときは雑念を払い、深い腹式呼吸と一緒にリズミカルに行うことが大切です。疲れが溜まっている時だけではなく、自然な流れで皆さんの習慣になることを願っています。自分の感情を上手にコントロールして活き活きとした表情でお過ごし下さい!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。