あなたはどのタイプ? 3つの目的別ファスティング方法

ファスティングのメリットとデメリットを見てきましたが、ファスティングそのものが良くない、というわけではありません。大切なのは、流行っている方法をただ真似るのではなく、自分のライフスタイルや目的に合わせた方法でファスティングをすることです。下記で、特に女性の人気の目的別ファスティング方法をご紹介します。


■お菓子が大好きな人向け!「糖質ファスティング」
お菓子を食べた後(特に食べ過ぎた後)に行うファスティングで、お菓子の食べ過ぎによる体重増加を防ぐのに効果があります。お菓子は糖質がたくさん含まれているため、お菓子を楽しんだ後は糖質をカットした食事を摂りましょう。お菓子はもちろん、糖質を多く含む炭水化物(ご飯やパン、麺類)、糖質の多い調味料(砂糖、ケチャップ、ソース、みりん等)、果物は避け、野菜やたんぱく質食材だけで食事をする方法です。お菓子を食べ過ぎた後の1食で実施、長くても3食分までとしましょう。糖質ファスティングをすることで血糖値が安定するので、ファスティング後はお菓子や炭水化物の過食等も防げるようになります。

■生理前の過食や外食が多い人向け!「ドリンクでファスティング」
生理前になると食欲が増加して食べ過ぎてしまう人や、外食ばかりで高カロリー食が連日続いている時はこちらがおすすめです。
胃腸をしっかり休ませつつ、摂取カロリーを1日かけて減らすことで、食べ過ぎをリセットできるので体重増加を防げます。酵素ドリンクやファスティング用の野菜・果物ジュースで1日を過ごします。数日間の暴食が続いている時は1日かけて行うのがおすすめですが、前日の夜に暴飲暴食をしてしまった分をリセットしたい時は1~2食分ファスティングするのも良いでしょう。


■夕食が就寝3時間前を切ってしまう人向け!「夕食ファスティング」

仕事が忙しくて帰宅も夕食も遅くなった、という時、夜遅い食事で体重を増やさないために夕食をカットする方法です。多少空腹を感じたまま寝ることになりますが、その方が翌朝の目覚めは良く、また、朝しっかり食べるのでその日の夕食の量が普段よりも少なくて済む、という好循環が生まれます。夜になったら断食をする12時間ダイエットに似ています。夜遅い食事がなくなるだけで体重が数日間で1~2kg落ちた、という成功体験は多く聞かれます。忙しくてつい夕食が遅くなってしまう人におすすめです。


自分の体調やライフスタイル、目的に合せたファスティング方法であれば、体に負担もなくストレスもありません。ノーストレスはダイエット成功の第一条件です。今までファスティングがなかなか成功しなかった方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:初心者のための、簡単プチ断食ダイエットのやり方!
関連記事:ファスティングで成功してリバウンドしない方法とは?
関連記事:そもそも酵素ダイエットって本当に痩せるの?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。