プレア・ヴィヒア寺院への道

第三塔門、宮殿部分

第三塔門、宮殿部分。アンコールワットなどクメール様式の建物でしばしば見られる連子窓からの眺め

■エアー&ツアー情報
第二塔門南ファサード

第二塔門南ファサード。門が非常に美しい

プレア・ヴィヒア寺院はカンボジア-タイ国境に位置しているが、2015年6月現在、タイ側から訪れることはできない。

カンボジアの玄関口は首都プノンペンかシュムリアップ。いずれも日本からの直行便はないので、ベトナムのハノイやホーチミン、タイのバンコク、中国の上海などを経由する。格安航空券で5万円前後から、ツアーは4泊5日で7万円前後から。

プレア・ヴィヒア寺院はシェムリアップから訪ねるのが一般的だ。首都プノンペンに入る場合、プノンペン-シェムリアップ間は飛行機・バス・船のいずれでも往復できる。陸路であればタイのバンコクやベトナムのホーチミン、ラオスのパクセなどからシェムリアップへバスが出ている(ラオスからは乗り換えが必要)。

シェムリアップからプレア・ヴィヒア寺院の直線距離は約140kmだが、車で250kmほど走らなければならない。現地ツアーに参加するか、ゲストハウスなどで仲間を募って車をチャーターして訪ねる人が多い。クロマーヤマトカフェやタケオゲストハウスのようにメンバー募集用の掲示板を掲げているカフェやゲストハウスもあるので、相談してみるとよいだろう。

 

周辺の世界遺産
頂上の祭祀所

頂上の祭祀所

シェムリアップは世界遺産「アンコール」の起点でもある。

カンボジアの世界遺産は2015年現在この2件しかないが、世界遺産暫定リストにはコーケーやベンメリア、バンテアイ・チュマール、ソンボー・プレイ・クックなど、シェムリアップから訪ねられる遺跡が数多く記載されている。特に苔むしたヒンドゥー寺院ベンメリアはオススメなので、ぜひ訪ねておきたい。プレア・ヴィヒア寺院へのツアーの中には、帰路でベンメリアやコーケーに立ち寄るものもある。

タイから訪ねてくる人はバンコクから近い「古都アユタヤ」を訪ねたい。アンコール朝はアユタヤ朝に滅ぼされているので、歴史的なつながりが確認できる。

 

ラオスのパクセからはクメール人の源流である「チャムパーサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群」が近い。

プレア・ヴィヒア寺院のベストシーズン

第二塔門の東ファサード

塔門はいずれも十字形をしている。こちらは第二塔門の東ファサード。均整のとれた姿が美しい

シェムリアップの夏の平均最高気温は36度、平均最低気温は25度で、冬は31度と20度。1年を通じて温暖で、日中はだいたい30度を超える。盛暑は3~5月で、40度を超える日差しは強烈だ。

雨季は5~11月で、8~10月に最盛期を迎える。日本の梅雨のようにしとしとと雨が降り続く日は少なく、1日に何度かスコールが降る形だ。

曇っていると景色のよさも半減するし、アスファルト舗装されていない道路も通るので時間もかかる。ということで乾季の方が望ましいが、雨季でも十分見学はできる。

世界遺産基本データ&リンク

第三塔門北ファサード

第三塔門北ファサード。プレア・ヴィヒア寺院はアンコールの遺跡群に比べて派手さはないが、その姿は洗練されていて非常に美しい

第一塔門の回廊内部

第一塔門の回廊内部

【世界遺産基本データ】
登録名称:プレア・ヴィヒア寺院
Temple of Preah Vihear
国名:カンボジア王国
登録年と登録基準:2008年、文化遺産(i)

【関連サイト】

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。