プレア・ヴィヒア寺院のレイアウトと見所

第四塔門東面のレリーフ

第四塔門東面のレリーフ。上はカーラに乗るヴィシュヌ、下はナーガを切り裂くクリシュナ。ヴィシュヌはヒンドゥー教3最高神のひとりで、クリシュナはヴィシュヌの第8の化身とされている

第五塔門

カンボジアの紙幣にも印刷されている第五塔門。レリーフも繊細で美しい

プレア・ヴィヒア寺院は先述の通り、参道から第一塔門まで約800mが南北の軸線上に並んでいる。そして5つの塔門と4つの中庭で聖域を区切り、次第に神の世界へと近づいていく構造だ。

実はこの寺院の東・西・北のいずれも断崖絶壁で、三方から絶景を眺めることができる。しかし、参拝するなら寺院のレイアウト通りに一直線に登り、最後の最後で突如景色が開ける様子を見るべきだろう。それは迷いを経て悟りに至る道程のようなもの。その衝撃もおそらく計算されてのことだ。

プレア・ヴィヒア寺院を構成する種々の建物を紹介しよう。

 

■駐車場
第五塔門から参道・第四塔門を見上げる

第五塔門から参道・第四塔門を見上げる。右がリンガ型の石灯籠

山上と麓に駐車場があって、両者をバイクや4WDが結び、観光客を運んでいる。山上の駐車場が参拝のスタート地点となる。観光にはパスポートが必要なのでお忘れなく。

■バライ
麓の駐車場近くに見られる四角い貯水池。山上にある貯水池と同様、特に乾季の渇水対策として使用された。山頂からその形がハッキリ見える。

■石段
参道の一部で、駐車場からアプローチすると最初にこの石段に到達する。アンコールでもしばしば見られるナーガの欄干や獅子の神シンハー像が置かれている。石段を下るとタイ国境に至り、その先に進むことはできない。また、タイ側から参拝することもできない。

 

■第五塔門
ピラミッド状に敷き詰められたプラットフォーム上に建つ塔門で、柱・梁・破風・まぐさ石が残っている程度だが、均整がとれていて非常に美しいことから2000リエル札に印刷されている。冥界の神カーラやヘビの神ナーガなどの神々を描いた破風やまぐさ石の繊細なレリーフも見所だ。

■参道・貯水池
第四塔門近くの貯水池

第四塔門近くの貯水池。像はシンハー。山上で水の確保が難しいため、複数の貯水池を用意して補った

石畳の参道で、左右にリンガの形をした石灯籠が並べられている。塔門をくぐると次の参道と塔門が見えてきて、参拝客の興奮を高めている。第四塔門手前にはシンハーに守られた大きな貯水池が見られ、第二塔門の東、第四塔門の西などにも貯水池が設置されている。

■第四塔門
第五塔門から参道を経て階段を登った先にそびる十字状の塔門で、やはりピラミッド状のプラットフォーム上に築かれている。非常に美しいレリーフで知られ、南面にはカーラに乗るインドラ、北面には神々が団結して不老不死の霊薬・アムリタを作り出した乳海撹拌、東面にはナーガを引き裂くクリシュナが描かれている。

 

■第三塔門
最大を誇る塔門で、東西に宮殿と呼ばれる建物が付随している。ただ、王が住んだという記録は存在せず、実際の用途はわかっていない。塔門のレリーフには、怪鳥ガルーダに乗るヴィシュヌ、聖牛ナンディンに乗るシヴァなどが刻まれている。第三塔門の東側は絶景ポイントとなっているので、一度頂上まで行った後で訪ねてみよう。

■第二塔門
第二塔門の回廊内部。一部の柱が倒壊している

第二塔門の回廊内部

第三塔門の北にはナーガの欄干を備えた参道が続いており、第二塔門の入口をシンハーが守っている。第二塔門内部は回廊で囲われた閉鎖空間で、聖域中の聖域である第一塔門へ続いている。第一塔門の手前には東西に経蔵が設けられている。

■第一塔門
回廊の内部はサンクチュアリと呼ばれる聖域で、その真ん中に中央祠堂が建っている。中央祠堂の南面の破風には踊るシヴァの姿が描かれており、この寺院がシヴァに捧げられたものであることがわかる。

■断崖
第一塔門の先にプレア・ヴィヒア寺院最高の絶景ポイントが続いている。また、第三塔門の東側や、第一塔門の西側にも絶景ポイントがある。これらも忘れずに。