「梅雨」は直訳できる

梅雨

梅雨を英語にすると……?

本格的な夏の訪れの前に来る梅雨の季節。雨期は通常、Rainy seasonと言います。日本の雨期にあたる梅雨は「梅の雨」と書きますが、実はこれ、直訳してだいじょうぶな単語です!

梅はplum、雨はrainですから、合わせてPlum rain seasonといいます。ただし、なぜplumなのかを説明する必要がありますね。次のセクションで見ていきましょう。

なぜPlum rainなのか

日本の梅雨は、6月初旬から7月中旬頃が中心です。その頃は、ちょうど梅が熟す時期なんですね。英文で次のように説明してみましょう。

In Japan, the rainy season lasts from the beginning of June to mid-July.
(日本では、雨期が6月初旬から7月まで続きます)

lastは「最後の」という意味もありますが、動詞でも使えるんです。「続く」という意味がありますので要チェックです!

なぜPlumなのかを説明するには

We call the rainy season 'tsuyu', which literrally means 'plum rain', because it starts when plums are ripening.
(雨期を「梅雨」と呼びます。文字通りの意味では「梅の雨」なんですが、梅が熟す頃にはじまるからなのです)

literally meansで「文字通りの意味は」です。これは日本のことを説明するときに、大変便利な言い回しです。

例えば「花火」にも応用出来ますね。
Hanabi literally means 'fire flowers.'
(花火は、文字通りの意味では「火の花」です)

いろいろなものに試してみて下さいね!

梅雨と言えば

梅雨に美しいものの代名詞として、紫陽花があげられますね。
紫陽花は英語でhydrangea(ハイドランジアと発音します)です。こんな例文はいかがでしょうか。

In the season of hydrangea bloom, a temple in Kamakura known as 'hydrangea temple' is visited by many tourists. 
(紫陽花の季節になると、「紫陽花寺」と呼ばれる鎌倉のお寺にはたくさんの人々が訪れます)

うっとうしい季節でもある梅雨ですが、だからこそ美しく輝くものを愛でながら過ごしたいものですね!

All About 英語サイト



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。