jyukuerabi05

やっぱり大手塾がいいの?それとも個人塾?

中学受験生のお子さんを持つ保護者の皆さんを悩ませる永遠のテーマとして、塾はいったいどう選んだらよいのか、という問題があります。このお悩みにお答えするために、今回は対決方式で、塾のタイプ別メリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

 

大手塾vs小規模塾

まず最初の対決は、なんといってもやはりコレでしょう。塾選びの永遠のテーマといっても過言ではありません。中学受験を始める際、子どもをどちらのタイプの塾に入塾させればよいか悩まれた方もきっと多いはずですね。

現実問題として両者の優劣を決めることは難しいです。子どものタイプによっても、合う、合わないはあるでしょう。また大手塾で上手くいった経験を持つ卒業生の保護者の方は大手塾を勧めるでしょうし、小規模塾で志望校に合格した方は小規模塾の方が良いというでしょう。それぞれ長所・短所があり一概にこちらの方が良いとは言い切れないところがあります。

塾選びについては以下の記事をご参照ください。
中学受験の塾選びに欠かせない5つのポイント

では、両者引き分け、と言いたいところですが、お薦めできない塾選びのパターンがあります。それは大手塾(または小規模塾)に通いながら、個別指導塾(または家庭教師)を併用するパターンです。

併塾をするパターンは大きく分けて二つあります。まずひとつ目は、志望校対策のために個別指導や家庭教師を利用するというものです。一見「アリ」かとも思える併塾パターンですが、たとえば上位校であれば大手塾に志望校対策のラインナップが揃っているでしょうから、併塾する必要はないでしょう。もし大手塾には対策講座が存在しなくても、地域に根差した小規模塾ならそうした中学の志望校対策をやっているでしょうから、探せば必ずある筈です。

いまは情報化社会ですので、そこは保護者の皆様の努力次第かと思います。まずは自分の志望校の地域にある個人塾を探してみましょう。お子さんの志望校に強い塾がきっと見つかるはずです。入塾段階できちんと作戦を練っておけば、併塾なんて必要がありませんね。

第二のパターンは、塾の授業についていけないために、そのフォローアップを個別指導や家庭教師に依頼するパターンです。しかし誠に残念ではありますが、成績が伸びないからといって塾を増やしても、無駄に終わるケースがほとんどです。学習というのは「インプット(理解)→再構成→アウトプット(出力)」という三つの段階を経て成立します。この三つの段階をきちんと踏まなければ、学力が高まることはありません。そして、塾が主に担っているのは、上記のうち「インプットの段階」の部分なのです(「再構成」は家庭学習、「出力」は模擬試験)。

学習の構造については以下の記事をご参照ください。
頭が良くなる3ステップを理解して、成績を上げる方法


普段通っている塾での解説が理解できないからといって、それを補うために別の塾に通ったり家庭教師をつけると、「インプットの段階」にばかり時間をかけて、「再構成の段階」のための家庭学習の時間が削られることになってしまうのです。これでは学んだことが定着せず、結局成績が上がらないということになってしまいます。

もし普段通っている塾で学習内容が理解できず、補完のための塾を併塾するのであれば、最初から補完のための塾にのみ通うべきでしょう。ついていけない塾に通っている時間は、全くの無駄になってしまいます。それならば「インプットの段階」は一本化して、「再構成の段階」に時間をかけた方が良いということになります。

大手塾・小規模塾のいずれに通うにしても、併塾は避けて一つの塾に集約するのが良いと思います。


次ページでは「集団指導」vs「個別指導」についてお話したいと思います。そして最後の対決には意外な結末が待っていますので、ぜひ続きをお読みください。