中学受験でも高校受験においても、塾選びは重要です。受験が終わるまで通わせ続ける費用、通塾と授業を受ける時間を考えると、慎重に選びたいものです。でも、残念なことに、意外とあっさりと塾を決めてしまう家庭が多いです。よくある失敗例は次のような理由で入塾を決めた場合です。

こんな理由で選ぶと失敗する!?

塾選びのポイントを知り、受験終了まで安心して任せられる塾を見つけてください。

塾選びのポイントを知り、受験終了まで安心して任せられる塾を見つけてください。

  1. 友達が通っている
  2. 友達が通っていない
  3. 自宅から近い
  4. 月謝が安い
  5. 受験合格実績が高い
  6. 最近できた新しい塾で、教室設備がきれい
  7. 昔からある塾で、ベテランの講師が多い

このような理由が、悪いわけではありません。ただ、大事なポイントを確認せずに入塾すると、失敗します。失敗してしまって失うものは、お金と時間だけではありません。子ども自身の、やる気と自信も失わせてしまいかねません。

そうならないために、塾選びのポイントをおさえましょう。順番にご説明します。

友達が通っている塾の注意点

友達と、切磋琢磨しながら目標に向かうというのは、心強いものです。ただ、塾の目的と特徴はさまざま。友達はうまく自分の目標と、塾の雰囲気が合ったのでしょう。でも、友達が合ったからといって、自分も合うとは限りません。友達に流されることなく、自分の目標が何なのか、いまははっきり決められなくても方向性は決めておいたほうがいいです。難関校を目指したいのか、学校の成績を上げたいのか、特定の弱点科目を克服したいのか、学習塾は目的ごとに特徴もいろいろです。

友達が通っていない塾の注意点

人気のある塾はやはりそれなりの理由があるものです。その逆も言えます。その塾に知り合いが行かない理由は何でしょうか。「遠い」とか、「指導が厳しい」とか、理由があるはずです。その理由が自分にとってはどうなのかを検討しておくのがよいでしょう。

自宅から近い塾の注意点

受験学年ともなると、ほとんど毎日塾に通うことになります。通塾時間が短ければそのぶん有効にその時間を使えます。でも、近すぎると、気分の切り替えをするのが難しいという人も多いようです。子どもにとって塾は、日常の生活から意識を変えて通うところなのです。塾の中身、運営方針も確認しておきましょう。

月謝が安い塾の注意点

月謝が安いということは、人件費を抑えているということです。有能な講師は給与条件がいいところへ移動していきます。塾業界は業界内転職が非常に多い業界です。

また、チラシなどに載っている見ための授業料は安くても、要注意です。テキスト代やテスト代が別にかかったり、高額なオプション講座、季節講習で収入を補っているところも多くあります。授業料以外の費用も含め、「年間でいくらになるのか?」そこを確認してみてください。

受験の合格実績が高い塾の注意点

本当に高いのでしょうか?

○○中学、○○高校へ30名合格していたとしても、受験生が300人いる塾であれば10人にひとりしか受かっていません。逆に、たった10名の合格でも受験生が10名の塾であれば、合格率100パーセントの見事な合格実績です。

受験学年の生徒がどれくらいいて、そのうちどれくらいが合格したのか。母数を確認しないと本当のところはわかりません。また、私立校は複数受験をするので、ひとりの生徒が複数校の合格実績を出しています。

数字に惑わされないように注意してください。塾全体ではなく、その教室のみの合格実績は、教室に問い合わせれば教えてもらえます。

新しい塾で、教室設備がきれいな塾の注意点

新しい塾の場合、講師もまた、最近教え始めた講師である可能性が高いです。実際に授業を担当するそれぞれの担当科目の講師のプロフィールを聞いてみるといいでしょう。

また、ある程度年数を経た別教室に、その新教室の内情について聞くことで、新校舎の実力を推測できます。

昔からある塾でベテランの講師が多い塾の注意点

ベテラン講師=有能な講師とは言い切れません。ベテラン講師は、周囲から授業のアドバイスなどをされる機会がなくなります。そうなると、時代と共に変わっていく子どもの特性、生徒一人ひとりの個性に合わせ、臨機応変に対応していくことができなくなる講師もいます。

また、高齢の講師は世代間ギャップが大きくなることで、子どもたちにとってわかりやすくおもしろい授業ができなくなることもあります。もちろん一方で、ベテランならではの名物講師もいます。その授業が肌に合うか、体験授業を受けるのをオススメします。

さて、いかがでしたか。親主体ではなく、子ども任せでもなく、親子で相談しながら一番ふさわしいと思える塾を探し出してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。