スプラウト栽培の仕方

ブラックマッペ

水に浸したブラックマッペ

用意した種をガラスジャーに入れ、水を注ぎ入れて2、3回すすぎます。種は水に浸した状態で一昼夜、涼しく暗い所(適温は20度前後)に置いておきます。

翌日からは水を入れ替えるたびに2.3回軽くゆすいで水を切り、再び涼しく暗い場所で保存します。水の入れ替えは毎日、朝・夕の二回行いましょう。ちなみに栽培に使用する水ですが、種が吸う水には浄水を、すすぎには水道水を使用しました。

また種が広がる表面積を多く取るため、ガラスジャーを寝かせておくと発芽が良いようです。今回はトレイとして、エリンギが入っていたパックを使用してみました。
マッペの発芽の様子

マッペの発芽の様子

ご覧のとおり、種は数日で発芽してジャーの中に広がっていきます。
アルファルファの発芽の様子

アルファルファの発芽の様子

アルファルファは、7日でジャーいっぱいに!さっそくジャーから取り出して、シャキシャキの食感を味わってみました!クセが無くて、とても食べやすかったですよ。マッペの方はどこからどう見ても豆モヤシなので、中華炒めにしました。

スプラウト栽培のポイント

胡麻のスプラウト

胡麻は発芽が遅かった

メイソンジャーでスプラウト栽培をする際のポイントとして、まずは種の量に注意しましょう。種袋には、「種は発芽すると体積が10倍くらいになります」とあります。これを見逃して、種袋に入った種を全部入れてしまうと大変なことになります。

今回は、それぞれ種袋に入っていた半量程度の種で栽培しましたが、アルファルファはもっと少なくても良かったかもしれません。マッペやアルファルファに比べて発芽が遅かった胡麻も、どうやら種を入れすぎてしまったようですね。
またマッペは、すすぎのたびに豆の薄皮が剥がれてきます。浮いてきた皮はちょっと面倒でも取り除いてあげましょう。

ジャーサラダ

スプラウトを使ったジャーサラダ

毎日お水を取り替えて一週間、「手塩にかけた」感たっぷりのスプラウトができました。せっかくなので、収穫したアルファルファに他の野菜を合わせてジャーサラダも作ってみました。
残念ながらあまり美味しそうに見えないところは、ご愛嬌ということで……。

美味しそうなジャーサラダレシピは、オールアバウトで参考にしてみてくださいね。

【ジャーサラダレシピ】
実は食費節約と家事の時短!メイソンジャーサラダ
基本のメイソンジャーサラダの作り方




【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。