2歳児の絵本選びのポイント

2歳児にオススメの人気絵本とは?

2歳児にオススメの人気絵本とは?

2歳の時期というのは、走ったりジャンプしたりと色々な運動ができるようになり、衣服の着脱も自分でやろうとしたりなど、生活面での色々な意欲がグングン育つ時期です。一方で、やる気満々でも実際にはまだうまくできなかったり、言葉で感情をうまく伝えることができなかったりと葛藤をいくつも経験しながら、赤ちゃんっぽい時代から「子ども」へと成長していきます。基本的な生活習慣の習得や意欲の育ちを応援したり、自分で想像したり何かを作り出す力を刺激してくれるような絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか。2歳の時期のおすすめ絵本を10冊ご紹介します。


『ちびゴリラのちびちび』

何度も何度も登場する「だいすき」の言葉。家族や森の仲間たちのたくさんの「だいすき」の気持ちに包まれて、ちびゴリラのちびちびがすくすくと育っていきます。自立心が急激に成長するけれどまだまだできないこともたくさんある2歳の時期は、多くの子がいわゆる第一次反抗期に突入。親子の感情がぶつかることも少なくないと思います。葛藤する小さな子に「だいすき」の気持ちを伝え、安心させてあげたいですね。赤ちゃんじゃなくなって体はすっかり大きくなっても、みんなに愛され続けるちびちび。子どもも大人も、読んでいてとても嬉しくなります。子どもの育ちや子育てをする人たちを応援してくれるような絵本です。

絵本『ちびゴリラのちびちび』

絵本『ちびゴリラのちびちび』



ガイド記事:「だいすき」に包まれて育つ『ちびゴリラのちびちび』

【書籍データ】
作・絵: ルース・ボーンスタイン
訳: 岩田 みみ
出版社: ほるぷ出版

購入はこちらから

>>>2冊目は『おにぎりくんがね』の紹介です