2歳児には「驚き」を届けてくれる絵本が人気です

2歳の子供にオススメ!人気絵本ランキングBEST10

2歳の子供にオススメ!人気絵本ランキングBEST10

うた・読み聞かせを応援するコミュニティ・サイトmi:te[ミーテ]のデータをもとに、2歳の子どもたちに人気の絵本ランキングを作成しました。すると、ランクインした絵本には、ある共通点が見つかりました。それは、どの絵本も、子どもたちに「驚き」を届けてくれるということ。ページをめくる瞬間のドキドキと、めくった後の「驚き」が、2歳くらいの子どもたちにとって何より楽しい絵本の魅力になっているのでしょう。そんな「驚き」がたっぷり詰まった10冊の絵本をどうぞご覧下さい。

※ランキングは、mi:te[ミーテ]の2歳の子どもに読まれた絵本データの上位20冊から、ガイド記事「1歳の子どもたちに人気の絵本ランキング」と重複する作品を除いて作成しました。こちらも合わせてお読みいただくと、選書の幅がグンと拡がります。


第10位 ぞうくんのさんぽ

『ぞうくんのさんぽ』の表紙画像

ぞうくんとその友だちの散歩には驚きの結末が?!

今日はとても良い天気。ご機嫌のぞうくんが散歩に出かけます。とっても気分が良いせいでしょうか、ぞうくんは友だちに出会うたびに、彼らを次々に背中に乗せては散歩を続けます。表紙に描かれたかばくんとわにくんだけでなくかめくんまで乗せて、散歩はとても楽しそうです。

とはいえ、心配ですねえ……。いくら力持ちのぞうくんだって、あんなに大きな動物たちを次々に背負って大丈夫なのでしょうか? のんびりムードでスタートするお話も、ぞうくんが誰かを背中に乗せるたびに、読者の心配が少しずつ大きくなっていきます。

そしてついに、のんびりムードを一変させる出来事が起こりました! この驚きの急展開が小さな読者の心を捉えます。まるで雅楽や能楽に見るような、序破急(※)の構成が見事です。でも、心配はいりません。急テンポで動く物語のラストシーンでは、読者がうらやましく感じるほど楽しそうな動物たちの姿がみられますから。結果がわかっていても、何度も読みたくなる安定感抜群の作品です。


【書籍DATA】
なかのひろたか:作/絵 なかのまさたか:レタリング
価格:864円
出版社:福音館書店
推奨年齢: 2歳くらいから
購入はこちらから


※序破急とは、謡曲や劇の構成上の3段階をさす言葉で、序は緩やかな導入部、破は内容豊かな展開部分、急は急テンポの終章に相当する。(Yahoo!百科事典より)


>> 第9位は、ちいさな消防車が大活躍する絵本です