赤ちゃんの図鑑デビューには、こんな本がおすすめ

赤ちゃん写真

0歳や1歳の赤ちゃんの図鑑デビュー、ご家族でお楽しみください!

まだほとんどことばが話せない赤ちゃんにとって、図鑑は、大好きなお父さんやお母さんと触れ合うコミュニケーションツールの一つであり、月齢が進むにつれどんどん高まる「知りたい」という気持ちに応えてくれるものでもあります。ですから、赤ちゃんの身のまわりにあるものが美しく分かりやすいイラストや写真で表現されている図鑑がおすすめです。丈夫なつくりであれば、なおうれしいですね。

今からご案内するのは、ブックスタートや出産祝いにもおすすめの図鑑絵本や、図鑑デビューにぴったりの絵本です。けれど、赤ちゃんの向けの本は、定番として読み継がれているものであっても、イラストしかなかったり文章が短かったりして、どう読んだらいいのか分からず戸惑ってしまうことも。そこで今回は、読み方や遊び方のコツもご紹介します!

ブックスタートに最適! 『あそび』(あかちゃんのえほん)


『あそび』(あかちゃんのえほん)

『あそび』(あかちゃんのえほん)

6ヶ月からの赤ちゃんのために作られた「あかちゃんのえほん」。『かぞく』『したく』など、赤ちゃんの身近な人や物事をイラストにした知識絵本のシリーズです。ここでは『あそび』をご紹介します。

ページを開くと、左側におもちゃが、右側にそのおもちゃで遊ぶ赤ちゃんの姿が描かれています。イギリスを代表する絵本作家の一人であるヘレン・オクセンバリーのイラストは、柔らかな線と色づかいが印象的です。過度な装飾は何もないのに、真剣なまなざしや満足しきったほほえみなど、赤ちゃんの表情は実に豊か。なんとも言えずかわいくて、赤ちゃんと一緒に読みながら、大人もほっと温かな気持ちになります。

文字が全くないことに困ってしまう方もいますが、「いろんな色のつみきだね」「あー、箱に入っちゃったね」「たっちできたね、すごいねえ」など、話しかけてあげるだけでいいのです。赤ちゃんは、大人の語りかけによって単語を覚えたり、絵本の赤ちゃんと同じような動きをしようとしたりしますし、何より大好きな人の声が聞こえるだけで、うれしいものなのです。また、軽く、破れにくいボードブックで、角も丸く作られているので、赤ちゃんに手渡すのも安心。

全5冊のシリーズ、1冊が500円にも満たないお値段なので、セットで贈りものにするのも素敵ですね。

【書籍データ】
書名 『あそび』(あかちゃんのえほん)
作 ヘレン・オクセンバリー
出版社 文化出版局
価格 432円
次は、そのデザイン性の高さに大人のファンも多い1冊です>>