入園祝いに贈りたい、図鑑シリーズの選び方!

幼児向け図鑑人気シリーズ

行動範囲が広がる幼児期。その体験と知識をつなげ、深めてくれるのが、図鑑なのです

入園祝いの定番、図鑑。3~5歳の子に贈りたいのは、行動範囲の広がりと共に次々と湧き出る「なぜ?」に答えられる図鑑です。

幼児向けの図鑑の中でも人気なのが、幅広いジャンルを備えたこの3シリーズ。 どのシリーズも、体験と知識を上手につなげる工夫があり、文字が大きめで読みやすい図鑑で、就学前のお子さんが自分でページをめくる喜びを満たしてくれます。また、自分で読んでしっかりと理解できるので、入学後、低学年まで、たっぷり楽しむことができますよ。

以下、出版社の方の声を元に、「特徴」「注目ポイント」「特におすすめしたい人」という点から、3シリーズを徹底比較していきます! (以下、Q&Aの答えは全て図鑑編集者の方によるものです)
 

1.ミリオンセラーの幼児向け図鑑!「小学館の子ども図鑑プレNEO」

小学館の子ども図鑑プレNEOは、『きせつの図鑑』『ふしぎの図鑑』など1巻1テーマで、身の回りのことから世界のことまでを、楽しく学ぶことのできるシリーズです。
 
プレNEO

保護者、保育園・幼稚園・小学校・塾の先生、児童館など子どもに関わる人へのリサーチによる、リアルに寄り添った内容で構成されています。最新刊は『まだある!ふしぎの図鑑』


保護者向けに、子どもへの言葉かけや体験を促すヒントが書かれていて、小学校受験を目指す家庭からも大人気。シリーズ累計165万部以上を記録しています。
 

Q.プレNEOが目指しているのはどんな図鑑?

A.「考えよう」「体験しよう」― 図鑑を通してこの実践を目指しています。便利な世の中や核家族での暮らしなどで、今のお子さんたちに不足しがちな二大要素と考えるからです。
 

Q.プレNEOの注目ポイントを教えてください!

A.図鑑で考え、体験する機会を提供しています。たとえば、『せいかつの図鑑』を見て上履きを洗ったり、『にっぽんの図鑑』を見てはにわを作ったりといったことですが、図鑑を見てやってみたというお便りを多くいただきます。体験するチャンスがないだけで、実はゲームより楽しかったりするのだと思います。
 
プレNEO

どこからでも読めるよう、1テーマは見開き1ページで完結。でも、ひとつの事がらから、ジャンルに関係なく、知識が芋づる式に広がるような構成になっています(画像は『ふしぎのずかん』)


紙面は、幅広い年齢層の読者を想定しています。たとえば文字は、小さな子が一人でも読めるよう、タイトルなどの大きな文字はひらがなにしていますし、本文には小学校2年生までの漢字を使用していますが全てふりがなが付いています。

イラストも手描き、デジタル、版画、刺繍、クラフト、半立体など多彩で、幼児も飽きません。
 

Q.プレNEOはどんな人におすすめですか?

A1.子どもに教えておきたいことを、自分で教える自信がないという親御さん
子どもに教えておきたいとは思うけれど、学校では教えてくれないし、自分で教える自信がないという方。実は、親が読んでも結構面白い、という愛読者はがきが圧倒的に多いのです。
 
A2.お孫さんとの会話を楽しみたいおじいちゃん・おばあちゃん
今は50代・60代のおじいちゃん・おばあちゃんも多いのですが、ゲームやアニメの話は難しくても、この図鑑の内容なら一緒に楽しめます。「孫に何かためになりそうなものを贈りたい」という方にも。
 

プレNEO編集者おすすめの本はこちら!

  • 『おはなしプレNEO 心やさしく賢い子に育つ みじかいおはなし366』
「図鑑を読み聞かせに使っています」という数多くのお便りから誕生した本です。プレNEOシリーズ10冊の図鑑から、読み聞かせにぴったりな内容を厳選し、読み聞かせ用に新展開した、他に類を見ない、いわば「読み聞かせる図鑑」です。
  人気図鑑発『みじかいおはなし366』の新読み聞かせ術」で詳しくご紹介しています。
 
  • 「小学館の図鑑NEO まどあけずかん」シリーズ
「まどあけずかん」は、指でめくって遊べる楽しい図鑑。2歳から小学校低学年のお子さんにおすすめです。

プレNEO『まだある!ふしぎの図鑑』

2020年2月、『まだある!ふしぎの図鑑』出ました!
 『まだある!ふしぎの図鑑 楽しく遊ぶ学ぶ』(小学館の子ども図鑑プレNEO)

 『まだある!ふしぎの図鑑 楽しく遊ぶ学ぶ』(小学館の子ども図鑑プレNEO)

羽のない扇風機や自動洗浄のトイレなど、子どもが気になる「今どきのはてな」に答えてくれる図鑑です。
  プレNEOの中の2冊をメインに、シリーズについてご紹介しています。
→ 図鑑「プレNEO」が入学前にオススメな理由!学びの土台を作る図鑑
 

2.幼い子が自分で読んで理解できる「フレーベル館の図鑑ナチュラ」

「きれい」「分かりやすい」と、子どもと保護者、両方の支持を得ているナチュラ。全12テーマが用意され、知っておきたい事がらや子どもたちにとって身近なものを、丁寧に掘り下げて説明しています。
表紙画像

『うちゅう せいざ』(フレーベル館の図鑑ナチュラ)

説明文は平易で、文字が大きく漢字も少なめ。子どもが一人でも読みやすいので、保育園や幼稚園・小学校に置かれていることも多い図鑑です。小学生向けの学習図鑑はちょっと難しいという印象を受けた方には、特におすすめです。
 

Q.ナチュラが目指しているのはどんな図鑑?

A.掲載種数をおさえ、対象物を大きく整然と並べることにより、見た目の美しさ、分かりやすさを向上させ、「じっくり見られる図鑑」にこだわりました。
 
ナチュラ(フレーベル館)

子どもが小さければ小さいほど、掲載種数の多さよりも、子どもの発達に合っていることが大切な場合もあります(画像は『こんちゅう』)


また、「子どもたちが初めて出会う図鑑でありながら、小学校高学年くらいまで使える図鑑」でもあります。未就学のお子さんと保護者の方とのコミュニケーションツールとしても使えますし、小学校高学年になっても巻末の情報ページを使って知識を深めることができます。
 

Q.ナチュラの注目ポイントを教えてください!

A.各巻巻頭には、シリーズタイトルを大づかみで理解できる特集ページを設けました。たとえば『こんちゅう』では、昆虫の定義を分かりやすくまとめています。そうすることにより、対象物の理解を助け、知識の土台を作ることができます。

情操を育み、認識力を高める美しいリアルイラストレーションもポイントです。
 

Q.ナチュラはどんな人におすすめですか?

A1.「図鑑に親しませたいけれど、子どもが興味を持たない」という方
ナチュラシリーズは、読み聞かせのできる図鑑です! お子さんは、保護者の方と一緒に内容に触れることで、知らない世界にも心地よく入っていけます。

A2.「小さい写真だと詳細が分かりづらい」という方
リアルイラストレーションの使用により、写真では分かりにくかったり表現しづらかったりする部分が、すっと理解できます。
ナチュラ(フレーベル館)

子どもにもポイントが分かりやすい「リアルイラストレーション」は、きれいで迫力があると大好評(画像は『こんちゅう』)


A3.「せっかく図鑑を買うなら長く使わせたい」という方
まだ字が読めないお子さんでも読み聞かせで親しむことができ、小学校高学年でも、巻末の詳細な情報を学習に活用できます。
 

ナチュラ編集者おすすめの本はこちら!

  • ふしぎをためす図鑑シリーズ
実体験を通して自然科学への興味をひきだすシリーズです。自由研究にも使えるアイデアが満載です!
 
  • 『TIMELINEタイムライン 地球の歴史をめぐる旅へ!』
ベルギーのイラストレーターが遊び心たっぷりに描いた、子どもからおとなまで楽しめる歴史の入門書となる、大型絵本です。
 

ナチュラ全12巻

  • ナチュラシリーズ(全12巻)
「恐竜図鑑おすすめ人気10選!2019年最新版」でナチュラ『きょうりゅうとおおむかしのいきもの』を紹介しています。
 

3.読み聞かせもできる、物語仕立ての図鑑「こどものずかんMio」

『むし』『いきもののかいかた』『きせつとしぜん』など、全12巻のシリーズ。キャッチフレーズは「見てわかる 比べてわかる 考えて楽しむ図鑑」です。テンポの良いセリフの多い、物語仕立ての図鑑で、読みやすさには定評があります。
表紙画像

『きせつとしぜん』(こどものずかんMio)

ピーマン村で人気の村上康成さんの、生きものの特徴を捉えた暖かなイラストの表紙が目印です。
 

Q.Mioが目指しているのはどんな図鑑?

A.「みお(澪)」とは、古い日本の言葉で、「船の進む水路、水脈」のことを言います。これから21世紀を生き抜く子どもたちには、大いなる智恵と勇気が必要です。そのために、自らを取り巻く自然環境を知ること、生き物たちの多様な暮らしに興味や関心を持つことは、大切なヒントを与えてくれることでしょう。

新しい世界に船出する子どもたちのよき水先案内(澪つくし)となることを願って、このMioシリーズを編集しました。
 

Q.Mioの注目ポイントを教えてください!

A.幼児に自然環境の大切さを伝える絵本形式の図鑑シリーズです。画面いっぱいのイラストや写真で、絵本のように楽しめる構成になっています。
こどものずかんMio

幼い子にも見やすく、親しみやすい紙面(画像は『むし』)

 
こどものずかんMio

パノラマに開くページでは、ダイナミックな場面展開を楽しめます(画像は『どうぶつ』)

 

Q.Mioはどんな人におすすめですか?

A.漢字には全てふりがながつき、未就学児から低学年までが対象です。情報の詰め込みでない、考える学習図鑑としておすすめです。
中ページ画像

子どもの目線で物事を捉えているので、ちょっとしたクイズも盛り上がります(画像は『くだもの』)

 

Mio編集者おすすめの本はこちら!

  • くらしとかいかたシリーズ
シリーズ累計250万部のロングセラー図鑑。生き物の生態と環境を切り離せない自然として伝える命の図鑑ともいえるシリーズです。「Mio」の次のステップとしておすすめです。
 
  • 3さいからのあそべるずかんシリーズ
認識絵本(ものの名前絵本)を卒業した3歳におすすめの図鑑の入門編。迫力の写真に加え、クイズや迷路も楽しめる。おでかけにピッタリのハンディ判。
 
  • みぢかなマーク
絵本仕立てのマーク図鑑です。

Mioシリーズ(全12巻)

ひかりのくに株式会社HP

「恐竜図鑑おすすめ人気10選!2019年最新版」でMio『きょうりゅう』を紹介しています。

【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で図鑑を見る

Amazonで図鑑を見る



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。