1歳児の絵本選びのポイント

1歳児にオススメの人気絵本とは?

1歳児にオススメの人気絵本とは?

1歳代は、歩けなかった赤ちゃんが1人で歩けるようになったり、意味のあることばが増え始めたり、0歳代に次ぐ劇的な成長を遂げる時期です。周りの人がやることを何でもまねをしながら吸収し、自分で何かをやりたいという気持ちがグングン育ちます。歩けるようになると、行動範囲もぐんと広がり、運動量が増えることで食事への意欲が増す子もいるでしょう。ふれ合い遊びやことば遊びなど、自分から意欲を持って働きかけていけるような絵本を楽しんでみましょう。1歳の時期におすすめ絵本を10冊ご紹介します。


『かおかおどんなかお』

はっきりした色使いにインパクトのある顔が次々登場する『かおかおどんなかお』。目、鼻、口など顔のパーツの名称が楽しく印象付けられ、笑ったり、泣いたり、怒ったり………と次々出てくる表情を見ているだけで飽きません。笑ったり泣いたりしている顔はわかりやすいですが、「たくましいかお」「あまーいかお」「からいかお」なんというのも出てきます。

活動範囲が広がり、赤ちゃんの時に比べて生活上の経験値もぐんと増える1歳代。自我が急速に育って感情表現の手段も豊かになっていきます。読んでくれる人が色々な顔を作って見せてくれるのも楽しいけれど、自分で色々な顔を作れるようにもなりますね。気づいたら、絵本を囲むみんなで、顔づくりの大合戦になっているかもしれませんね。

絵本『かおかおどんなかお』

絵本『かおかおどんなかお』



【書籍データ】
作: 柳原 良平
出版社: こぐま社

購入はこちらから

>>>2冊目は『おつきさまこんばんは』の紹介です