『おつきさまこんばんは』

小さい子にとって、おひさまが沈んで暗くなってしまう夜は、大人が考えているよりも不安なものかもしれません。大人でも、夜寝る前に色々考えていると不安になり、「早く朝が来るといいなあ」なんて思うことがありますよね。でも、お天気の良い夜には空には太陽の代わりにみんなを見守ってくれるおつきさまがいます。『おつきさまこんばんは』に出てくるのは、まんまる満月のおつきさま。絵本の中から優しい表情でこちらを見つめています。途中で雲のいたずらによって隠れてしまう場面にはドキドキさせられ、また笑顔で出てくる場面にはホッ。赤ちゃんや小さな子が大好きないないいないばあ遊びを重ねて楽しめるでしょう。まあるいおつきさまをお空に見つけるのが楽しみになるかもしれませんね。

「まんまるおつきさま こんばんは こんばんは」。穏やかな声で読んでもらうと、お子さんの1日のクールダウンにもなりそうです。おちゃめな表情をした裏表紙のおつきさまもお見逃しなく。きっと子どもたちが大好きになるでしょう。

絵本『おつきさまこんばんは』

絵本『おつきさまこんばんは』



【書籍データ】
作: 林 明子
出版社: 福音館書店

購入はこちらから

>>>3冊目は『くつくつあるけ』の紹介です