朝食と体内リズム

朝食と体内リズム

朝食で体内リズムが整う

人間の体は、朝目覚めて活動を始め、昼から夕方にかけて活動量がピークに、夕方以降は睡眠までゆっくりと休息するのが本来のリズムです。このリズムに従えば摂取カロリーと消費カロリーのバランスも保たれ、心身ともに健やかに過ごすことができます。反対に、このリズムが崩れてしまうと、エネルギーが使いきれずに体内に脂肪として溜まり太りやすくなります。朝食を食べることで、体内のリズムをきちんとリセットすることが、1日を活動的に動くためにはたいせつなのです。

 
昨今では、朝食を食べない方が増えてきていますが、朝食を抜くと昼食までの時間があき、かなりの空腹状態で昼食を食べると、血糖値が急上昇するため脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

朝食が摂れない理由

朝食を食べない理由は人それぞれですが、朝お腹が空かないという方も多いようです。朝お腹が空かない理由として夕食の時間が遅いことや夕食に暴飲暴食していることが挙げられます。この悪循環に陥ってしまうと、体内リズムは確実に乱れ太る生活習慣につながってしまいます。


朝食によるダイエットメリット

朝食を食べることは、体内リズムが整う事以外にも、ダイエットに嬉しいメリットがあります。

1.腸を刺激し排便を促す
朝食を食べることで腸が刺激され、排便が促されます。便秘の方は特に朝食をとる習慣をつけるとよいでしょう。

2.体温が上がり代謝アップ
朝、食べ物を口にすることで体温が上がりやすくなります。食べ物を食べると、食事誘発性熱産生という熱代謝によってカロリーが消費されるので、温かい飲み物や汁物をとり入れたり、よく噛んで食べることで、さらに効率的にこの熱代謝が上がり、1日の代謝アップにつながります。

3.夕食の暴飲暴食が抑えられる
朝食をしっかり食べる習慣がつくと昼食、夕食のドカ食いが減ります。朝食をしっかり食べるために夕食の時間を早めたり、食べる量が調整できればダイエット成功の近道になります。

朝食におすすめのメニュー

朝食にはご飯を

朝食はご飯食がおすすめ

朝食はパン食よりもご飯食がおすすめです。ご飯の方が腹持ちがよく、合わせるおかずも納豆や焼き魚、味噌汁などヘルシーな献立になります。朝時間がない方は前日におにぎりや野菜、豆腐、わかめなどの具材を入れて具だくさんの味噌汁を作っておけば、簡単に朝食を用意をすることができます。

 
朝食を食べることがダイエットにつながります。今まで食べていなかった方は、まず朝に何かを口にする習慣からつけていきましょう。


■おすすめ記事
中性脂肪の低下にも効果的!今注目の粉豆腐ダイエット
昼食選びでメタボから脱却!男のダイエット
ダイエットを成功させる「コンビニ食」の選び方とは?
ビール好き男性必見!太らないビールの飲み方



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。