箱ティッシュペーパーの中身をコンパクトに持ち歩けるケースです

箱ティッシュペーパーの中身をコンパクトに持ち歩けるケースです

例えばアレルギーでたくさん鼻をかまなくてはいけないとき、ポケットティッシュでは間に合わないことがありますね。大きいサイズのティッシュペーパーがやっぱり便利。そんなときのために、箱入りティッシュの中身を携帯するためのケースを作ってみましょう。小さなポケットもついています。

材料

材料と道具

材料と道具

  • 35×26cmの布(本体用)(解説では3枚の布をつないだものを使っています)
  • 12×12cmの布(ポケット用)
  • 幅2cmの布テープ 21cm
  • 補強用フェルト 1.5×1.5 1枚
  • スナップボタン 3組
  • マルチプライヤー

作り方

テープにボタンをつける

テープにボタンをつける

1.布テープの片端を三つ折にして縫ってから、スナップボタンの片側をつけます。(上になる側)

 
ポケットを作る

ポケットを作る

2.ポケット用の布は、四方の端をロックミシンかジグザクミシンで始末し、3辺に1cm幅で折り目をつけます。ポケットの入れ口になる部分は1.5cm幅で折り返し、縁を縫っておきます。

 
本体の布端を始末する

本体の布端を始末する

3.本体用の布は、青い線で囲った上下の端にロックミシンかジグザクミシンをかけます。赤い線で囲った部分は、1.5cm幅で三つ折り縫いします。

 
本体にボタンをつける

本体にボタンをつける

4.三つ折り縫いした部分に、スナップボタンを二組つけます。それぞれ左右の端から約5cm内側に入った位置です。

 
ポケットをつける

ポケットをつける

5.ポケットをつけます。1の布テープのボタンをつけていない側の端を1cm挟み込み、赤い線の位置を縫います。

 
テープを折り返す

テープを折り返す

その後でテープを図のように折り返し、丸で囲った部分にステッチを入れて押さえます。

 
左右を縫う

左右を縫う

6.裏返し、下から約9cmを上側に折り返して、左右を縫います。縫い代は約1cmです。

 
表に返す

表に返す

7.表に返して形を整えます。上部の端を内側に折りこんでミシンで押さえます。このとき、閉じたときの収まりをよくするため、やや斜めに折って縫ってください。(赤い線を参照)

 
ボタンの位置を決める

ボタンの位置を決める

8.最後に、テープにつけたボタンの受け側をつけます。一度中身を入れて図のように折りたたんでみて、膨らみ具合を確認してから位置を決めると良いでしょう。

 
あて布をしてボタンをつける

あて布をしてボタンをつける

このとき、裏側にはフェルトの補強布を挟んで留めます。

 

できあがり

できあがり

9.できあがりです。

 

ティッシュがたくさん入れられるケースです

開いたところ

開いたところ

このサイズで作ると、最大で箱入りティッシュの3分の1程度まで収納することができます。
ぶら下げもできます

ぶら下げもできます


ボタンの付いたテープを後ろで留めると、ぶら下げて使うことも可能。

 
残りの量が見えます

残りの量が見えます

折りたたんだときに、中身の量がちらっと見えるので、少なくなったらすぐ補充できますね。
小さなポケットには、薬などを入れておくと便利です。

 
今回、スナップボタンをつけるのに「マルチプライヤー」を使いました。挟んで握るだけで簡単にスナップボタンをつけられる道具です。ない場合はボタンに付属している打ち具を使ってつけます。または、ドットボタンの代わりに普通のボタン留めやリボン留めなどに変えてもいいですね。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。