関係代名詞の多用はカッコ悪いって知ってますか?


a

関係代名詞の及ぼす影響

日本人の多くが、関係代名詞(whichやthatを使って直前の単語を修飾する)は重要と学生時代から教え込まれるせいか、英文を書きなれていない人ほどこれを多用しているように感じます。 もちろん関係代名詞を使うこと自体を悪いと否定しているわけではありません。文章構成をするうえでは必要なものです。ただ、関係代名詞は使い過ぎてしまうと、それだけで読みにくい文章となってしまい、せっかく作った文章が相手に理解されないということにもなりかねません。例えば、外資系就職に必要なカバーレターで自分の魅力を明確にアピールするはずが、関係代名詞を使い過ぎて読み手に刺さらず、それどころか余分な負荷を与えてしまうこともあるのです。

では、なぜ関係代名詞を多用すると読み手が混乱しやすいのでしょうか?それは関係代名詞以降に入る文章は補足情報であり、主たる文章ではないと認識されるからです。もちろん文章を詳細に説明するためには、このような修飾文は必要でしょう。しかし、全て補足情報として文章に盛り込んでしまうと、文章がいたずらに長くなり、読み手にしてみればどの情報が大事なのかわからなくなくなってしまいます。このような文章を”読み手に解読を求める文章”と呼びますが、ビジネスシーンでは致命的です。できるだけ余計な情報はそぎ落とし、読み手に間違った解釈をさせない短い文章作成が必要となります。

そこで今回は、関係代名詞が多用されたときと全く使わないケースを比較検証してみたいと思います。

改善前の英文

以下は現在アジアに在住する日本人ビジネスマンに作成してもらったカバーレターの一部を編集したものです。(個人情報は全て編集しています)

To quickly summarize my background, my career started as a sales person in ABC where I was trained from Mr. Nagasaki who currently works as the manager for XYZ that is a manufacturing company. My sales experience in ABC had developed my business skills which I have been looking for and operation knowledge which is highly needed for business persons who have high responsibility in teams.

【日本語訳】(一部意訳が入っています。)
簡単に私の経歴を申し上げると、最初のキャリアはABC社で、そこで私は製造業のXYZ社でマネジャの長崎氏からトレーニングを受けました。そこでのセールス経験により、欲していたビジネススキルやチームで責任の高いビジネスマンに非常に有効なオペレーション知識を得ることができました。

読めないわけではないのですが、なんとなく読むのに疲れる印象ではないでしょうか。今回は数行なのでさほど問題はなかったと思いますが、このパターンが数十行にも及んでしまうと、くど過ぎるために採用担当者が読む気力を失ってしまう可能性もあります。日本人のみならず、アジア諸国のガイドの友人も関係代名詞があると読みにくいというぐらいです。
このようなことが実際の転職やその他ビジネスシーンで起こらないためにも、関係代名詞の多用を少し控えてみる(できるならば使わない)トレーニングをしてみてはいかがでしょう。文章が明快になり、相手へのアピールが力強くなることがわかると思います。