2014年、フランスでいちばん売れた香水は何?

さて、5位から1位までです。気になる1位はどんな香りでしょうか?

5位  No.5 / シャネル(↓ 昨年度4位)

4位  ココ マドモワゼル / シャネル(↑ 昨年度6位)

3位  ラ プティット ローブ ノワール / ゲラン(= 昨年同位)

2位  ジャドール / ディオール(↓ 昨年度1位)

1位  ラヴィエベル / ランコム(↑ 昨年度2位)



1位ラヴィエベル!香りもナチュラル志向にシフト

第1位 ラヴィエベル / ランコム

第1位 ラヴィエベル / ランコム

フランスの大手ビジネス情報誌、シャランジュのWEB版で「ロレアルがLVMHを王座から追放した」というコメント付きで発表されたように、この1位が入れ替わったことが大きなニュースになりました。

2014年1位の「ラヴィエベル」の売り上げは6,600万ユーロ(日本円で約92億円)。これは市場の5.3%を占めています。
「ナチュラルでシンプルな美を表現する香り」というコンセプトが、飾り過ぎないことを好む時代の空気とマッチしたのでしょう。

「ジャドール」は9月からクリスマス商戦に向けてのコマーシャルビデオをリニューアルしました。安定的な人気を誇った結果のための2位でしょう。世界中で支持されている香水であることは間違いありません。

3、4、5位もランキングTOP10に毎回登場する定番の香り。ランキングの順に愛用している年代層が30代、40代、50代と比例しているのも面白いですね。

やはり香りの流行は時代の流れを映し出すもの。気になる香水は、ぜひ百貨店のカウンターで試香してみてください。「好き!」と思える香水は、ぜひ肌につけてラストノートまで確認して、自分に似合うかチェックしてみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。