カキとほうれん草の豆腐ココット

所要時間:45分

カテゴリー:サブのおかずココット

 

カキとほうれん草の豆腐ココット

具材をココット型に入れて調味卵液を流し込み、オーブントースターで焼くだけでできる副菜です。朝食やおやつにも活用できます。 今回はココット型にしましたが、グラタン皿や大きい深皿で調理すれば、パーティーやおもてなし料理にもなります。

カキとほうれん草のココットの材料(2人分

具材
絹ごし豆腐 70g
カキ 生ガキ2粒 正味40g
大根おろし 1/4カップ
下茹で用 小さじ1/2
ほうれん草 茹でて水気を絞ったもの 40g
調味卵液
M玉1個分
牛乳 1/4カップ
マヨネーズ 大さじ1/2
ひとつまみ
こしょう 少々
今回は加熱調理用むき身の真ガキを使用しましたが、他に冷凍えびやイカ、鶏肉などを入れてもokです

カキとほうれん草のココットの作り方・手順

下ごしらえ

1:カキの下ごしらえをする

カキの下ごしらえをする
カキは大根おろしで洗います。鍋に水500mlを入れ沸騰させ塩を加えます。そこにカキを入れて10秒ほど湯通しします。水にとってザルにあげておきます。

2:ほうれん草を切る

ほうれん草を切る
茹でて水気を絞ったほうれん草は3cmの長さに切ります。

3:調味卵液を作る

調味卵液を作る
調味卵液の材料を器などに入れて、混ぜ合わせます。 この段階ではマヨネーズがうまく混ざりませんが、加熱すると気にならなくなります

焼き上げる

4:具材をココット型に入れる

具材をココット型に入れる
ココット型に、カキ、ほうれん草、絹ごし豆腐を入れます。

5:調味卵液を流し、オーブントースターで焼く

調味卵液を流し、オーブントースターで焼く
調味卵液をココット型に流し込みます。200℃のオーブントースターで20~25分焼きます。 表面がかたまってうっすら焦げ目がついたら完成です

ガイドのワンポイントアドバイス

ボリューム感をさらに加えたい場合は、上にとろけるチーズやパン粉をのせて焼き上げましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。