美の新習慣は、1月スタートがベスト!

新年スタート

1月は始まりの月!意識を変えるチャンスです。

今年もスタートして早半月。「今年こそ何かを始めよう!」とお思いの方も多いと思います。新しい年の始まりは、昨年までの生活習慣を正して、大きく変化するチャンスですよね。美容は生活習慣に大きく関わってきますので、「今年こそ絶対に痩せて恋人を作るぞ!」「誰もが振り返るようないい女になるぞ!」という方は、ぜひ、ご紹介する“美人を作る生活習慣”をご参照ください。

イメトレがポイント!
電車の中でも出来る10歳若く見せる動作

電車

電車は、美人作りにうってつけの場所

つい、気を抜いてしまうダラっとなってしまう背筋。背骨が曲がってしまうと、キレイに見られないだけでなく、呼吸も浅くなってしまい、体に充分にエネルギーが入りません。代謝量も減ってしまうため、総合して太りやすくなってしまうのです。

美と直結したピシっとした姿勢ですが、ちょっとしたイメージで改善することができます。毎日、電車に乗る方は、揺られながら行ってみてください。

 
■立ち方 編

風船

いつも頭に風船をイメージすると、良い姿勢が維持できます

1:足の裏をしっかり床につけ、頭のてっぺんに風船が付いているイメージをする。風船に吊り上げられるような意識で、頭を肩からできるだけ離す。

2:上と下から引っ張られた糸のように、体に1本芯が通った状態を意識する。

3:膝、内モモをくっつけ、膝の裏を伸ばし、お腹を上に引き上げる。

4:あごを引き、真っ直ぐ前を見る。

 
■座り方 編

1:頭を上に残すようなイメージで、前を向いたまま片足を引いて、椅子やソファの位置を確かめながら背筋を伸ばして座る。

2:足は正面に揃える、もしくはニュースキャスターのように斜めに揃え、足の甲が足のラインの延長線上に来るように気をつける。

■立ち上がり方 編
1:重心を両足に均等にかけ、体の軸を崩さないようにしっかり立つ。

2:つり革を持ち、懸垂をするイメージで軽く下に引き、お腹をギュッと上げ、お尻も引き締める。

■座るとき 編
1:座席に深く座り、骨盤が床と平行になるように背筋を伸ばす。

2:足は手前に引いて揃える(男性は両足を握りこぶしひとつ分くらい開く)。

ちょっとした意識でできることですが、習慣化すると、みるみるうちにキレイになりますよ。次のページでは、日常の “しぐさ”を美しくみせるストレッチをご紹介します。