浴衣や着物姿を格上げ!和の振る舞いで美人度アップ

浴衣や着物での美しい姿勢・仕草

浴衣や着物での美しい姿勢・仕草とは?

浴衣や着物での美しい姿勢・仕草について解説します。浴衣や着物姿の女性を街で見かけると、思わず目が釘付けになってしまうもの。やっぱり、日本人は和装が似合いますよね!

和服姿の女性は、そこのいるだけで存在感があるもの。浴衣や着物姿は私たち日本人にとって、とっておきの装いであり、それをまとうだけで、美人度がアップする秘密兵器ともいえます。

でも、普段着なれないだけに、振る舞いが雑になってしまうことも、しばしば。

和服姿でさらにに美人度をアップする為に、「美しく見える和装の姿勢・仕草」を習得しましょう。身に着けるだけで、美人度5割増しですよ!


和服姿での姿勢のポイント

基本的な立ち方は洋装と変わりません。ただ、足元には注意が必要です。草履や下駄は靴とは違うものなので、しっかりと足指で鼻緒をつかんで立ちましょう。写真の番号に添って、ポイントを下紹介します。

正しい立ち方

横から見た正しい立ち方

(1)かかとから爪先まで揃えます。

(2)ヒップを引き締めるようにし、緊張感をもたせます。

(3)お腹を引き上げ、背筋を伸ばします。

(4)あごは引き気味に、視線は真っ直ぐ前を見ます。

 

正しい立ち方2

正面から見た正しい立ち方

(5)肩の力を抜き、左右の高さを揃えます。

(6)身体の中央に一本の線が通っているように立ちます。


写真のように肩と床が並行になっているように。身体の真ん中に一本の線が通っているように意識しましょう。

 

特に注意すべき点は、腹筋。帯は、お腹を乗せる為のものではないので、腹筋を使い、しっかりと上半身を保ちましょう。また、同時にヒップも引きしめて立ちます。着物姿では、ヒップラインも意外と目立ちます。

もう1つは頭の位置です。和服姿の襟足からにスラリと伸びる長い首は、艶やかで美しく見える重要な要素です。猫背にしたりあごを突き出さず、しっかり首を長く保ち頭を支えましょう。


和服姿での仕草・振る舞いの注意点

振る舞いのポイントは、大きく分けて「裾さばき」「たもと」「指の表情」 の3つです。

褄を持つ

つまを持つ

■裾さばき
裾は、着崩れ防止のために、歩幅を小さめにしましょう。デニムなど、普段アクティブな装いが多い人は注意! おしとやかさを意識してください。さらに写真のように、「つま」を持つとよいでしょう。
→「浴衣や着物姿を美しく見せるウォーキングテクニック」はコチラ

■たもと
また、たもとの扱いにも気をつけたいもの。ひじが肩よりも上にこないように注意しましょう。腕を遠くへ伸ばす場合は、必ずもう一方の手でたもとを押さえましょう。

■指の表情
さらに、指先まで意識します。手のひらを大きく広げることなく、指先を揃えて振るまうと、より女性らしい仕草となります。

日本女性の美しさを、姿勢・仕草で表現しよう

浴衣・着物姿は美しいもの

浴衣・着物姿は美しいもの

和服姿での振る舞いは、指先までも意識するため、少々面倒と思われがちですが、そのしなやかな仕草は、洋装の際の女性らしい仕草にもつながります。逆をいえば、日常から指先まで仕草を意識していたら、和装での振る舞いも、簡単にできると言えます。

和装で学んだ仕草は、現代の生活でも女性らしさを演出する際に役立つので、面倒くさがらずに、積極的にチャレンジしてみてくださいね! 日常での振る舞いがグッっと女性らしくなりますよ。

 


簡単!浴衣ヘアアレンジ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。